hibi 久野恭子さんの“植物のある暮らし”
〜正月飾り〜

教える人:久野恭子(hibi 店主)
日時:2014年12月19日(金)14:00~16:00
定員:8名(お子さま連れ枠3名)
場所:ごはんとおやつ、雑貨の店 くらすこと

秋の鮮やかな葉が少しづつ舞い落ち、
空が一段と広く感じる冬のはじまり。
日々の生活の中にもわくわくする気持ちがあふれる年の瀬です。
吉祥寺にある花屋、hibiの店主久野恭子さんと
くらすことのワークショップ、
第2回となる今回のテーマは正月飾り。
きらびやかな定番のお正月飾りもいいけれど、
わたしたちの気分を表現した、
そんなセンスあふれるお正月飾りを自分で作り、
神様をお迎えしてみませんか?。

古くは、12月13日は年神様を迎えるために、
お正月の準備を始める日とされていました。
「神様が迷わず家に来てくれるように」とお迎えする
目印となるのが、しめ飾りです。
お正月飾りのアイテムは、
それぞれの意味をもつ縁起物を使いながらも、
新年の幸せを願った、他とはちょっと違うお飾りを提案します。
今年一年の感謝の気持ちと新年への新たな思いを込めて、
みなさんでオリジナルのお飾りを作りましょう。

ワークショップのあとは、皆さんで出来上がったアレンジメントとともに、テーブルを囲むひととき。お正月を意識した、くらすことのおやつとあたたかな飲み物もご用意しています。

※季節、仕入れの状況により花材は写真とは少し異なることがあります。

日時 2014年12月19日(金)14:00~16:00
定員 8名(お子さま連れ枠3名)
参加費 6,000円(材料費含む。おやつとお茶付き)
持ち物 花ばさみ(花ばさみが無い方はキッチンばさみでも可)、アレンジメントの持ち帰り用紙袋(マチ20㎝程度のもの)、よごれが気になる方はエプロン
場所 ごはんとおやつ、雑貨の店 くらすこと
東京都杉並区久我山2丁目23-29 ハイネス富士見ヶ丘 1F
電話:03-5941-3832
京王井の頭線 富士見ヶ丘 下車 徒歩1分

お申し込み
お申し込み方法は、3種類あります。
【フォーム】下記フォームより必要事項を明記の上、お申し込みください。こちらからの返信を持ちまして、参加確定となります。
【店頭】店頭に参加申し込みの用紙をご用意しています。スタッフにお声掛けください。
【電話】お電話にて承ります。Tel:03-5941-3832(ごはんとおやつ、雑貨の店 くらすこと)。
お申し込み時間は9:00~18:00です(なるべくランチ時間帯の11:00~13:00以外でおねがいできると助かります)。

hibi 久野恭子
京都での花屋を経て、東京にてフラワースタイリストに。
イベント的に行った移動花屋をきっかけに、吉祥寺に花屋『hibi』をオープン。毎月、お花『talking with flowers』と寄せ植え『living with plants』のふたつのワークショップを開催中。“ごはんとおやつ、雑貨の店 くらすこと”のエントランスを飾る花のアレンジメントも担当している。
www.hibinohana.com

《教室/イベント》の記事

  • 遠い何処かの国の物語をみているような、墨と朱で彩られる世界を描く杉本さなえの絵。繊細なアンティークのビーズを紡ぎ作られる、SmiLeのアクセサリー。植物の自然の香りにこだわったナチュラルコスメブランド、Float。「冬のおと」をテーマに綴る3人の物語。ぜひこの機会に足をお運びください。

  • 赤坂蚤の市や全国各地で販売会を行われているque。今回くらすことギャラリーでは、秋のお洋服とともに、福岡初のqueの靴販売会を3日間限定で行います。

  • 選ぶことが楽しくなる天然素材のアンダーウェアとリラックスウェアのブランド、TESHIKIの九州初となる展示会です。8.25(金)・26(土)は金子商店の野菜マーケットやfood+thingsの江口研一さんによるランチと東京で話題のWee Scream!のアイス屋もやってきます!

  • 野菜や果物、ハーブ、調味料など、食材をひとつ持ち寄り、共有する食の思い出、記憶、時間。食とカルチャーを交えた新たなコミュニケーションを求めて料理のケータリングを行うfood+things江口研一さんによる10人限定のスペシャル・ディナー。

  • “水餃子と野菜ごはんの店 BooZA”さんの1日食堂+堀道広さんの「チンする!プラ板 似顔絵屋(チンプラ)」+古本と古書 徘徊堂さんの古本市。くらすことでおいしい水餃子にプラ板似顔絵屋。元Olive少女必見!の古本市。若干サブカル風味な、たのしい夏の1日。

あわせて読みたい記事・おすすめ商品

オンラインストア入荷情報