オンラインストアより

「男のひと(漫画家、堀道広さん)がもつとどんな感じ?」

一枚革で、ムダな装飾を削ぎ落した「トートーニー」のバッグは、
まさに「潔い」という表現がぴったり。
無口で、不器用で、でも、どこか可愛らしくて。
恋人、家族、仲間。大切なパートナーに、どこか似ている? と感じたら、
プレゼントとして贈るもよし、「似合いそう」と教えてあげるのもよし。
「くらすこと 金継ぎ部」でおなじみの、漫画家・堀道広さんにもおすすめしてみました!

Q. 持った感じの印象はどうですか?

 長すぎず、短すぎず、の肩掛けが、絶妙のバランス。
体に沿うデザインだから、アウターがいらないこれからの季節に、
どんどん使いたくなりますね。このブラウンも、好きな色。
これ……。欲しいなぁ……(まじまじと観察)。
センスの良さを感じる、嬉しいプレゼントだと思います!

Q. 堀さんだったらどう使う?

漫画家という仕事柄、書類やノートを持ち歩くことが多いので、
A4サイズがちょうど入るサイズ感がいいですね。
サッと出せるし(実際に、何度も出し入れする堀さん)。
ちょっとした打ち合わせなら、タブレットを入れるのにもよさそう。
財布やカードケースと揃えてもつのも、かわいいなぁ

Q. くらすことウェブマガジンにて、打倒ほしよりこの勢いで始まった「チビとボス」ですがとんとご無沙汰して早1年と8ヶ月。次の原稿はいつですか〜

 すみません! 日々の生活に追われて、“やります、やります”詐欺になっていますね……。今月こそ、続き必ず描きます!

堀 道広
富山県生まれ。漫画家&「くらすこと金継ぎ部」をはじめとした「金継ぎ部」部長。たまに漆の小物製作。漆と漫画の分野でのみ、特化した活動を行っている。作品集に『青春うるはし!うるし部』『耳かき仕事人サミュエル』『部屋干しぺっとり君』(青林工藝舎刊)。
michihiro.holy.jp

 

 

 

トートーニー バックの購入はこちらから

(2016年3月28日)

—— あわせて読みたい記事・おすすめ商品 ——

—— オンラインストア入荷情報 ——