店より

7月の「おとなのプレート」

雨続きの涼しい日々が終わったと思ったら、ギラギラの太陽がやってきました!
いよいよ夏到来ですね。

「ごはんとおやつ、雑貨の店 くらすこと」、今月の「おとなのプレート」1,050円(税別)は
暑さを吹き飛ばしてくれるような内容になっています。

メインは南国フィリピンの”おかあさんの味”「アドボ」。
「マリネ」を意味するこの言葉は、野菜や豚肉、鶏肉を甘酢でつけた料理のこと。
お酢の酸味が、暑さでつかれた身体を元気にしてくれます。

”くらすこと”の「おとなのプレート」で今回使用しているのは、
ぎゅっと身のつまった大山鶏もも肉に、天草豚ばら肉と、根菜。
しょうゆベースの甘じょっぱいタレにお酢を加えて煮込んでいるので、
しっかりと味が染み込み、かつ、さわやかな酸味で
さっぱりとお召し上がりいただけます。
卵にも、いい感じに味がついていますよ〜。

付け合わせは、いろいろ野菜のもみ漬け。
きざみ昆布を混ぜ込んでいるので、
あっさりとしつつ、うまみが感じられる
箸休めとなっています。

 

さらに、今月のおすすめ副菜は、
「かぼちゃとクリームチーズのサラダ」。
チーズが入ることでコクと酸味が感じられて、
小さなお子さまにも大人気です。

もちろん、”くらすこと”の人気の副菜、
「割り干し大根のアラビアータ」も。
オクラとわかめのスープと三年番茶も
ついています。

お子さまや、もう少し軽めがお好みという方には、「夏のおいなりプレート」570円(税別)もおすすめです。
いつもの「おいなりさん」の具が、夏仕様に変身。
しばづけと大葉を混ぜ込んだ、さっぱりとした酢飯の上にのっているのは、すだち。
すだちを乗せたまま、ぱくりと食べていただくと、爽やかな香りが口いっぱいにひろがります!
こちらも、ちいさなおかずとあたたかい三年番茶がついています。

夏バテ知らずの「おとなのプレート」と「夏のおいなりプレート」。
まだお試しいただいていないという人は、この機会にぜひ、店にお運びくださいね。

「ごはんとおやつ、雑貨の店 くらすこと」
東京都杉並区久我山2丁目23-29 ハイネス富士見ヶ丘 1F (Google mapで開く
Tel:03-5941-3832
(京王井の頭線富士見ヶ丘駅下車 徒歩1分)

営業時間:11:00〜18:00(ごはんラストオーダー17:15、のみものとおやつラストオーダー17:30)
定休日:火曜

(2015年7月14日)

—— あわせて読みたい記事・おすすめ商品 ——

—— オンラインストア入荷情報 ——