フードムードのフードキ

ヒバリのお弁当

日付:2014年5月25日(日)
当番:田代絵美

春うららのこの日、お昼ごはんは祖師谷大蔵の名店! ごはん屋ヒバリさんのお弁当でした。
フードムードの面々は、去年の忘年会でお邪魔していて、おいしいご飯をいただきました。
そのあたたかな、おいしい記憶が甦ります。
今回はお弁当、とても楽しみでした。
献立は、たけのこごはん、玄米ごはん、焼きさば、アスパラひよこ豆ディップ、ふき煮、
にんじんグリル、水前寺菜と舞茸ゆずこしょう、ひじきサラダ、切り干し甘夏マリネ、
せりごま和え、おからサラダ、みょうがたけ、葉わさび漬け。
春がつまったとはこのことでした。

フードムードでお弁当をいただく機会に恵まれ、
そこで思うのは、お弁当には作るその人がつまっていると感じます。
清らかで、瑞々しい、元気をいただく、ヒバリさんのお弁当から感じました。
(献立の文字もまた、いいんです。)
ごちそうさました。

本日の日記の当番(似顔絵も担当):田代絵美
フードムードのこと何でもできるようになるべく、日々特訓しています。お客さまから、クッキーから、エネルギーをいただいています。髪を切ったら皿田きのこに似ていると言われて、その存在が気になって古本屋でまんがを探しています。

《フードムードのフードキ》の記事

  • 秋の味覚、栗の登場です。 ひるどきに届けられたそれは、これまでの常識を覆しました。 しょうがが効いた栗ごはんに、なんときくらげ、焼豚、松の実入りで、極めつけはうずらのたまご! これは、栗ごはんと呼んではいけない…中華おこわでもない…もっともっとすごいなにか…! 腹が減った我々、あっという間に思う存分堪能しました。 姐さん、旨すぎです。ごちそうさまでした!

  • この時季、ご飯の主役は新米。 新米は嬉しい。 今年も新米が食べられることに、しぜんと感謝の気持ちが湧いてくる。 お百姓さんにお天とうさんに。 私にとっての新米は日本に生まれて良かったと思うことのひとつです。


  • 秋の気配が近づくこの日、フードムードはご近所の商店会の祭りへ出店しました。 その名も「ワイワイ祭り」。道いっぱいに万国旗がはためき、屋台囃子やチンドン屋さんがお祭りムードを高めます。 フードムードでは、生地にお豆腐を使い、きなこをまぶした、豆腐ドーナツを販売しました。 子どもたちが喜ぶ催し(子ども神輿とか、どじょうの掴み取りとか、じゃんけん大会とか、コーラの一気飲みとか…)がたくさんのこの祭りには、 この日のためにおいしいお店もたくさん参加しています。 お昼のまかないには祭りのごちそうを頂きました。 ドーナツを売る店番の傍ら、サモサ、桃のシロップのソーダ割り、カレー、タイ焼きそば、チャイ、ソーセージ、黒糖カフェオレ、パン… と書いてみるとほとんどのお店の味を堪能して満足! 青空の下、できたてを頬張るのはおいしいですね。 店の方で仕事をしているスタッフみんなに感謝して、祭りを堪能しました。 ドーナツ作りおつかれさまでした!わっしょい!

  • お店の片隅に置かれた米びつ。 まかないのお米が入っています。 古いガラス瓶はどんどん味が出てきちゃって、 まるでみんなを見守るように、そこにいます。 お米は鍋で炊いたり、炊飯器を使ったり。 若いスタッフは、ここではじめて鍋で炊く方法を覚えます。 foodmoodはお菓子屋なので、レストランやパン屋みたいにまかないになるしょっぱいものがなくて、 ささやかな「ごはんのおとも代」から野菜や食材を買って、ごはんを炊いて、 みんな知恵を出し合ってまかないを作ってます。 お米は、新潟出身のわたしの実家から。 もうそろそろ米びつが空になるなという頃に、いつも絶妙のタイミングで、 「お米まだあるの?」 母から電話がかかってきます。お米の電話がお互いの近況報告の場になっていて、なんだかそれもいいなと思っています。 お母さん、今年の新米も楽しみにしています。

  • 東京が梅雨明けをした翌日、 良く晴れた夏の日のまかないにバインミーが登場しました。 アトリエは連日の暑さで熱気に満ちていて、 色鮮やかな野菜とスパイシーな香りがアジアの屋台気分を盛り上げます。 フランスパン(スタッフ武藤さんの手作り!)に、 なかしまさん特製のパクチー入りのつくね、なます、キュウリ、大葉、パクチーも たっぷりとサンドして、シーズニングソースをかけていただきます。 おいしいパンにぎっしり具を挟んで、むしゃむしゃと豪快に食べれば、 スタミナ満点、おなかいっぱいです。 フードムードにベトナムの風、ごちそうさまでした。

オンラインストア入荷情報