イラスト/杉本さなえ

体はさくさくアクティブに、心はわくわくしなやかに。
そんなきらきらの毎日を過ごしていたいけれど……。
「なんだか最近、すぐ疲れちゃうね」と、ため息をついていたのは、
「人生そろそろ、折り返し地点」年齢を迎える私ことフリー編集者の井尾淳子と、
仲良しのフォトグラファー、大段まちこさん。
「このままじゃ、ダメになっちゃうかも!!」(私)
「なんとかしないと、たいへんですよね……」」(大段さん)
こうなったら、スピリチュアルも開運も、ボディワークも瞑想も、
「自分をよくすることは全部やりましょう!」と、決めたのでした。
そのとたん、持ち前の好奇心に火がついた私たち。
「何それ!」「やってみたい!」「会いに行こう!」
気になる人の気になる話を聞きに行きながら、かわいい写真も撮りながら。
私たちの「こころと体をめぐる旅」は始まったのです。

井尾淳子/フリー編集者&ライター
子育て雑誌の編集経験を経て、現在は書籍編集や執筆、ウェブなどのデジタルコンテンツに携わる。制作会社勤務の夫、思春期真っ只中の息子の3人暮らし。子育てと仕事に追われるなか、「こころとからだをもっと健やかに保ちたい!」と、大段まちことともに、浄化スポットめぐりに邁進中。 

大段まちこ/フォトグラファー
神戸生まれの神戸育ち。かわいいもの、雑貨、ファッションなどをテーマに、女性誌やライフスタイル誌で活躍。みずから足を運んで集めた「こころとからだ」の浄化スポット情報は、右に出るものなし! スタイリストの岡尾美代子さん、デザイナーの岡村佳織さんとともに企画した 2017年 日めくりカレンダーBOOK「A VERY MERRY EVERY DAY to you」が大ヒット。www.odanmachiko.com

オーラソーマ®で選ぶ4本のボトルが意味するもの

「ではお一人ずつ、ボトルを4本選んでいただきましょうか」
と、カラーケアコンサルタントの遠藤友理さん。(私たちと友理さんの出会いについては⇒前半を)

オーラソーマ®のコンサルテーションでは、ボトルを4本選ぶことで、選んだ人の本質がわかるといいます。
1本目のボトルを意味するものは、その人の人生の使命、目的。
2本目はその人のもつ才能(とくに、自分ではまだ使いこなせていないものや課題、ネガティブになった時のパターンなど)。
3本目のボトルは、その人の現状(前の2本に対して、今どんなふうに働きかけているのかが見える)。
4本目は未来(ただし、「占いとは違うので、当たる・当たらないではなく、ご自身が向かっていきたい方向性のようなものが現れます」とのこと)。

友理さん「選ぶ前に、すべてのボトルを見てください。そして、今この瞬間だけではなくて、ずっと先までイメージしたときに、“いちばん惹かれるボトル“を選んでください。好きな色でもいいですし、嫌いな色なのに見てしまうとか、気づくとそのボトルに目線が戻ってしまう……というような。1本目を選んだら、次はそのボトルはもうない前提で、同じように選んでください」

井尾「続けて4本選ぶのではなくて、ひとつ選んだら、また新たに選ぶんですね」

友理さん「そうです。感情や思考はその時によって変わっていくので、“ずっと惹かれるだろうな”と思って選ぶと、ブレることが少ないんですよ。
オーラソーマ®創始者のヴィッキーさんは、“自分を思い出したい人は、このボトルを見にいらっしゃい”って、おっしゃっていたそうですよ」

そして、私たちふたりが選んだボトルがこちら(写真下)。

向かって右側が、大段さんが選んだ4本。左側が私。「薄い色はペールカラーといって、じつは濃い色よりもその意味が強くなります。精神世界の中に学びがある時にも選ぶことが多い色。同じ色の組み合わせでも、濃い色を選ぶ時は、現実生活の中で、さまざまな課題や学びがある時のこともあります」(友理さん)

友理さん「では、井尾さんの選んだ4つのボトルから見ていきましょう。
“人生の使命、目的”を表す1本目に選ばれたのは、東日本大震災のあとに誕生した“大天使ザカリエル”というボトルです。上層部の色はマジェンタといって、日本の色と言われています。日本人のもつ繊細さ、やおろずの神を信じ、すべてに愛を見出すところや、小さなものを愛でる質。震災時で言えばどんな状況でも整列しているとか、お互いを思いやり、助け合うとか。井尾さん自身もその気質をおもちの方ではないでしょうか。
そして下層部にあるミッドトーンオリーブグリーンは、“フェミニンズリーダーシップ“というキーワードがあります。リーダーシップといっても、ぐいぐいみんなを引っ張るようなリーダシップではなく、それぞれの個性を生かしながら、調和する場所をつくる人という意味がありますね」
才能や課題を意味する2本目は、上層部がペールピンク、下層部がペールブルーの“パラスアテナ&アイオロス”というボトル。ギリシャの“豊穣の女神と風の神様”を象徴しています。このボトルは、クリエイティブな質と関連しています。ペンを取って何かを書く、絵を描く、歌を歌う……など」

井尾「文章を書く。まさに」

友理さん「そうですね。ただ、書くお仕事をされてはいるけれど、“もっと何かほかのことを”とか、“でも自分にそんな才能はないかも……”とか、ちょっと思考がグルグルしていることはないですか?」

井尾「(ドキッ!)うわぁ、たしかに。これまでとは変わりたいという思いはあります」

友理さん「2本目に上層部のペールピンクを選ぶ方は、フィルターを変える作業の時、とも言われているんですよ。今までとは、少しずつものの見方を変えていくような。そういうタイミングでもあると思います」

井尾「どうすればそれができるようになりますか?」

友理さん「課題はスバリ、“自分を愛すること”なんです。自分自身を受け入れて、本当に愛していくことですね」

「それは、どの方にとっても大事なことですが、井尾さんの場合はお誕生日から計算するバースボトルが28から(2+8=10、1+0=1)と計算して1になります。それを見ると少し自己犠牲的な一面があるようなので、とくに必要なテーマなのかも」と、友理さん(バースボトルは、西暦の誕生日を1ケタになるまで足して割り出すので、簡単にわかります)。

友理さん「自分をおいても相手を優先するようなことがありませんか? 元々がやさしいので、自分の気持ちを後回しにしがちではなかったでしょうか。そういう意味でも、これからはもっと自分に意識を向けることが大切ですね」

井尾「相手が怒ってないかなとか、つまんないと思っていないかなっていうのが気になりますね。結果、自分の気持ち、やりたいことを後回しにしていた節はあるように思います」

友理さん「これからは、もう少し自分を優先させてあげていいんですよ。他人の個性を尊重できる方なので、そこに自分のことも入れてあげるといいですね。“みんな”という輪があるとしたら、自分を外に置かないで、中に入れてあげるイメージです。そうすると、ご自身がやりたいことをやるという流れにシフトしていけると思いますよ」

井尾「…なんか今、とてもいいヒントをもらった気がしました」

友理さん「そしてこのボトルに対応しているクイントエッセンスはマジェンタ。ここでも1本目の上層部にあるマジェンタのキーワードが出てきていますね」

今現在の状態を表す3本目のボトルは、“大天使ガブリエル“。キリストの受胎告知のエンジェルで知られる、メッセンジャーを意味しているのだそう。

友理さん「大天使ガブリエルはラッパと一緒に描かれていることが多いのですが、ラッパ=目覚めを現します。つまり3本目にこれを選ぶということは、“目覚めなさい”ということなんです」

井尾「うーん、深いですね!」

友理さん「どうしたら目覚められるのかというところで、下層部のゴールドに注目してください。これは、ご自身の中心と繋がることを意味しています。それは“自分で自分の価値を認める”ということ。今までずっとやってきたことの価値をご自身が認めて、上層部には一本目と同じマジェンタがありますから、本来の細やかな質をもっと活かしていきましょう、ということですね」

井尾「つながっていますね……。すべてのボトルのもつ意味と、選んだその人のことが」

友理さん「そうなんです。そして4本目のボトルは、今この瞬間にも手にする事ができる未来を現しています。でも、まだ先延ばしにしているようなものでもあるので、もっと自分を愛し、認めて、二本目の“言いたい事がなかなか言えない”などの課題を超えていくことが大切ですね。そうするともっと自分のクリエイティブな質を活かして、自立した仲間同士、支え合って生きていく未来につながると思います」

写真は、私(井尾)が3本目に選んだボトル「大天使ガブリエル」。一見、オレンジに見える下層部はゴールド。「真の目的に触れることを助ける」という意味があります。

最後に私が選んだ4本目のボトルは、じつは大段さんの1本目と同じという結果! 童話『ヘンゼルとグレーテル』にちなんで、“ヘンゼル”という名前がついているボトルでした。
グリム童話『ヘンゼルとグレーテル』は、両親に捨てられた兄妹が、お菓子の家で魔女につかまってしまう物語。最初は泣いてばかりいた妹のグレーテルは、兄のヘンゼルを救うため、さまざまな機転を利かせ、どんどんたくましくなり、最後は魔女を退治することに成功します。

友理さん「つまり兄ヘンゼルは、妹の女性性を信頼することによって助かったわけです。だから井尾さんも大段さんも、ご自身がもってる女性性を信頼して、自身のクリエイティブを表現していくことが大切ですね」

大段「ということは、私の場合は1本目のボトルだから、それが人生の使命ということになりますか?」

友理さん「ええ。大段さんの場合は、もともとやんちゃなところもあると思うんですけど、ヘンゼルが1本目にきているので、より強く“女性性を信頼する”という質があるのだと思います。ただし女性性を強くもつと言っても、へんに男の人に媚びるとか、女っぽさを前面に出せという意味ではなくて。大段さんは、美しいものや可愛いものが好きな方だと思うので、そういうものを生み出すご自身の才能をもっと信じて、表現されていくといいですね」

大段「なるほど」

友理さん「才能を表す2本目のボトルは、“オベロン“というボトルで、シェイクスピア戯曲『真夏の夜の夢』に出てくる妖精の王様の名前です。クリエイティブな才能を意味し、イルカを象徴するターコイズが下層部にきているので、大段さんは、本当はもっともっとクリエイティブな質を生かすことができる方なんですけど、上層部の“クリア”の意味するキーワードが……」

大段「なんでしょうか?」

友理さん「“流せなかった涙の井戸”と言われているんですよ」

写真のボトルは、大段さんの2017年のイヤーボトル9番。イヤーボトルとは、その人が今年取り組むといいテーマ、方向性を伝えてくれるもので、数秘学がもとになっているそう。「 “ハートの中のハート”という名前がついたボトルで、“自分自身に正直になれない部分への気づきから、新たな方向性を見出す”という意味があります」(友理さん)

大段「ほほうー」

井尾「流せなかった涙の井戸!」

大段「子どもの頃から感受性がとても繊細で、本を読んだり、映画を見たり、音楽を聴いている時なども、すぐに感情が揺れて泣いたりするような子でした。でも私個人の人生の波の中では、本当に大切なことになるとその感情を表に出さないよう、無意識にキュっと引っ込めてしまってきたかもしれないです」

友理さん「2本目にこのボトルを選ぶ方は、頭がいいので、余計に考えちゃうんですよ。でもなかなか、本当の感情の部分は出せないところがあって。なので、今後はそこをもっと表現するといいですね。
自分では短所だと思うところに宝があったり、自分では当たり前と思ってることがみんなにとっては当たり前じゃなかったりしますから。クリアには、“無限の可能性”というキーワードもあるので、ご自身でその課題を超えていくこと」

そして大段さんが選んだ3本目のボトルは、ヴィーナスの誕生を意味する「バース・オブ・ヴィーナス」。
「ヴィーナス、つまり金星は愛と美の星です。ボッティチェリのバース・オブ・ヴィーナスの絵のような、貝の中から裸で出てくる女の人のイメージです。裸ということは、つまり条件付けを手放すとか、ありのままの自分でいるという意味があります。このボトルは1本目ともよく似ていますよね。元々持っているクリエイティブな質と繋がり、ありのままのご自信を表現していく時ということが言えると思います」と、友理さん。

井尾「私も大段さんも、自分らしさを認めて表現していく、という課題が共通していますね」

友理さん「そういう意味では、お二人とも変換点を迎えていて、だから選ぶボトルの色や傾向が似ているんですよね。
大段さんが4本目に選んだのは、『キャンドル・イン・ザ・ウインド』というボトル。風の中では、キャンドルの炎は消えてしまうけれど、でもこのボトルの表すキャンドルは、強いので消えないんです。
なぜかというと、自分自身を愛してるから。他人からもらう愛ではなくて、自分が自分を愛すること。それができれば、強いんですよ。
下層部にあるレッドは行動力を現していて、自分が素でいることを認めることができたら、もっともっと行動できるようになりますよ」

大段「とても、強くてきれいなボトルですね、4本目を使うのを楽しみにしています」

実際のカウンセリングでは、4本選んだボトルそれぞれについてさらに掘り下げていくことで、幼少時のトラウマや家族関係など、クライアントの方のさまざまな内面まで浮き彫りになってくるのだとか。

コンサルテーション終了後に渡されるカウンセリングシート。選んだボトルナンバーや意味するキーワードなどが書かれています。

選んだボトルに対応する
「ボトル・ポマンダー・クイントエッセンス」とは?

大段「ボトルは4つ選びましたけれど、最終的にこれ、というものはあるのですか?」

友理さん「身近に置いて、体に塗るものには、2本目のボトルをおすすめしています。オーラソーマ®では、2、3、4、1と、選んだ順番に塗るのがいいと言われていますが、最近では、初めから自分の本質と繋がる1本目を塗っていくこともおすすめされています。それぞれの色によって、身体に塗る箇所も変わりますから、カラーケアコンサルタントに詳しく聞かれるといいと思います」

井尾「最初に2本目をつけるのがいいのはなぜですか?」

友理さん「2本目は、その人の課題や陥りやすいパターンの象徴なので、体につけることによって、よりサポートをしてくれるからです。
たとえば井尾さんの選んだ2本目の“パラスアテナ&アイオロス”は、自分のクリエイティブな質を現しているのですが、クリエイティブな仕事は、“それで稼ぐのは難しいかもしれない”など、現実的な悩みに直面することがあると思うんです。そういう時、“自分は本当に神聖な存在で、やり遂げる力がある”ということを信じていくサポートをしてくれます。結果、自分を信頼して続けていくと適切な利益を得られるというところまで含めてですね」

井尾「2本目、絶対使いたいです(笑)」

大段「私は、オベロンという“流せなかった涙”のボトルですよね」

友理さん「でも、ボトルはあくまでもサポートですからね(笑)。ご自身が変わっていくことで現実が変わります。そしてボトルは、ポマンダーやクイントエッセンスと一緒に使うことで、よりトータルなサポートをしてくれるんですよ。大段さんの2本目のボトルの下層部にあるターコイズは、クリエイティブな質をサポートしてくれます。“ムリかもしれない”など、本来は才能としてもっているのに、あえて止めてしまっているものを外していく、自分の限界を超えていく、というような。クリエイターの方、パソコンを多く使う仕事の方には、とくにターコイズは必要ですね」

大段「ターコイズは、ポマンダーでも使ってみます。そういえば、最初に買った時は、これが私に必要!と思ったのに、なぜか今はあまり使っていないポマンダーがあるんですが、卒業していくこともあるのでしょうか?」

友理さん「ありますよ。最初は、“いっそ飲み干したい”くらいに使っていたのに(笑)、ある時を境に、卒業するものもあります」

大段「同じ香りなのに、その時の自分のマインドで変化していくところが、とても面白いですね」

クイントエッセンスとは、全部で15種類。ポマンダーと同じ容器に入っているけれど、ポマンダーよりも色が薄く、さらに微妙なエネルギーを調整してくれるものだそう。「身体からいちばん近い電磁場(身体から2〜3センチのエリア)を浄化する作用をもつポマンダーは、1日に何度使ってもいいけれど、クイントエッセンスの場合、特定の効果を得るためにも、使用は1日に1〜2回がいいと言われています」と、友理さん。

クイントエッセンスは、50番〜64番のボトルに対応しているのだそう。「オーラ体よりももう少し離れているところ(身体から数十センチ離れたエーテル体やアストラル体)領域に働きかけ、香りもそれぞれに違います」(友理さん)。

私のお守りはこの3つ。写真左から、ボトルは「パラスアテナ&アイオロス」。ポマンダーは 「オリーブグリーン」(1本目のボトルの下層部の色に対応)。クイントエッセンスは「パラスアテナ」。 友理さん「このクイントエッセンスのキーワードは、“適切さ”。先ほどお伝えしたボトルと同じで、自分が自分を信頼してクリエイティブを表現していくと、適切な収入を得ていくということをサポートするのと、夜寝る前に使うと、夢からインスピレーションを得られると言われています。私自身も毎晩このクイントエッセンスを使っているのですが、夢の世界では集合意識や集合無意識と繋がることが出来るので、寝ている時間もすべて自分にとっての宝の山のように感じます」
それぞれの価格は以下。
イクイリブリアムボトル ¥5,616
ポマンダー ¥4,104
クイントエッセンス ¥4,104
すべて税込価格。

大段さんの3つ。写真左から、「オベロン」のボトルと、1本目の下層部に対応する「ターコイズ」のポマンダー。クイントエッセンスは、「オリオンアンドアンジェリカ」。

友理さん「オリオンアンドアンジェリカは、“今、ここにいることのサポート”をしてくれます。プロジェクトの始まりや終わりにもいいし、昼と夜を司る天使なので、時差ボケにもいいですよ」

友理さん「ポマンダーは、左の手のひらに3滴つけて、両手をこすりあわせてから、体の一番近い部分、頭、首のうしろ、体全体のオーラをなでてきれいにするようなイメージで使ってください。一日に何度でも使っていただけます。  クイントエッセンスは、左手首に3滴。同様にこすりあわせて、両手が翼になるようにイメージして、頭頂から、眉間にある第三の目、喉、胸、下腹部など、身体のチャクラの部分で交差するようにしてください。クイントエッセンスは、朝と夜に使うのがおすすめです」

最後に…

井尾「友理さんが、オーラソーマ®を通じて、知ってほしいことってなんでしょう。本来の自分?」

友理さん「そうですね。本来もっている、ご自身の才能や豊かさ、美しさに、オーラソーマ®を通じて気づいてもらえたらうれしいと思います。自分を変えたいと思った時、何も壮大なことをする必要はないと思うんですね。たとえば女性の場合は、高価なものではなくても、好きな洋服を着て、好きなものに囲まれているだけでも内面が整います。オーラソーマ®のボトルやポマンダー、クイントエッセンスもそのツールのひとつとして、活用していただけたらと思います。
女性がみんな自分にやさしくなると、接する人みんなにも、やさしくできるようになります。そうすると世界平和につながるって、私は本気で思っているんですよ(笑)」

現状や未来にもやもやした不安をもつ人は、オーラソーマ®のコンサルテーションを通じて、自分の本来の才能や超えていく課題、その先にまつうれしい未来を、友理さんのようなカラーケアコンサルタントの方に言語化してもらい、ボトルからヒントを得てはいかがでしょうか?

井尾「面白かったですね〜」

大段「自分のことを客観的に知るヒントになりますね」

それぞれ、ボトルなどのお守りをオーダーした私たち。そしてふたりの旅は、次の出会いへと進みます。次回更新をお楽しみに!

遠藤友理さん
オーラソーマ®ティーチャー、カラーケアコンサルタント、産業カウンセラー。 Rainbowseed Inc.代表取締役。 様々な心理カウンセリングを学び実践する中で、色を素材とした英国発祥の心理療法オーラソーマ®に出会い、カラーケアコンサルタント、ティーチャーとして活動。
カウンセリング実績は延4000名以上。 クライエントに寄り添うカウンセリングには定評があり、解決思考型のカウンセリングを得意とする。色とオーガニックに特化したイベント企画、コンサルティングやPRなども行っている。
rainbowseed.jp

—— あわせて読みたい記事・おすすめ商品 ——

—— オンラインストア入荷情報 ——