イラスト/杉本さなえ

体はさくさくアクティブに、心はわくわくしなやかに。
そんなきらきらの毎日を過ごしていたいけれど……。
「なんだか最近、すぐ疲れちゃうね」と、ため息をついていたのは、
「人生そろそろ、折り返し地点」年齢を迎える私ことフリー編集者の井尾淳子と、
仲良しのフォトグラファー、大段まちこさん。
「このままじゃ、ダメになっちゃうかも!!」(私)
「なんとかしないと、たいへんですよね……」」(大段さん)
こうなったら、スピリチュアルも開運も、ボディワークも瞑想も、
「自分をよくすることは全部やりましょう!」と、決めたのでした。
そのとたん、持ち前の好奇心に火がついた私たち。
「何それ!」「やってみたい!」「会いに行こう!」
気になる人の気になる話を聞きに行きながら、かわいい写真も撮りながら。
私たちの「こころと体をめぐる旅」は始まったのです。

井尾淳子/フリー編集者&ライター
子育て雑誌の編集経験を経て、現在は書籍編集や執筆、ウェブなどのデジタルコンテンツに携わる。制作会社勤務の夫、思春期真っ只中の息子の3人暮らし。子育てと仕事に追われるなか、「こころとからだをもっと健やかに保ちたい!」と、大段まちことともに、浄化スポットめぐりに邁進中。 

大段まちこ/フォトグラファー
神戸生まれの神戸育ち。かわいいもの、雑貨、ファッションなどをテーマに、女性誌やライフスタイル誌で活躍。みずから足を運んで集めた「こころとからだ」の浄化スポット情報は、右に出るものなし! スタイリストの岡尾美代子さん、デザイナーの岡村佳織さんとともに企画した 2017年 日めくりカレンダーBOOK「A VERY MERRY EVERY DAY to you」が大ヒット。www.odanmachiko.com

こころとからだ向上委員会 第二回 〈前篇〉
インド占星術との出会い
〜人生の試練・土星期を乗り切る「宝石処方」〜

大段「イオさん。私最近、インド占星術が気になっているんです」

井尾「インド占星術? なんです、それは!」

大段「インド占星術のセッションをベースに、オリジナルのジュエリーをデザインしている女性がいるんですって。その方に会いに行ってみませんか?」

井尾「気になる! ぜひ取材をお願いしましょう〜!」

豊富な情報網から、毎度私の「気になる!」を刺激してくれるフォトグラファー大段さん(笑)。今回も何やらワクワクの予感に背中を押され、次なる旅のキーワードを「インド占星術」に決定した私たち。「思い立ったが吉日!」のイキオイで、早速その女性にアポをとることになったのでした。

「今日はよろしくお願いします」
数日後、私たちの前に現れたのは、柔らかな笑顔が素敵な春名めぐみさん(写真下)。現在N.Yマンハッタン在住で、みずからのジュエリーブランド「MEGUMI HARUNA」のオーナー兼アーティストとして、日本とNYを行き来しながらの活動をされているのだそう。

ジュエリー・アーティストの春名めぐみさん。美人!(公式サイトなど、詳しいプロフィールは文末参照)

井尾「よろしくお願いします! お聞きしたことがたくさんあるんですけども、春名さんは、インド占星術のセッションと、ジュエリーのデザインをセットにされているんですよね」

春名さん(以下敬称略)「はい。通常のジュエリー制作のほか、ご希望の方にはジョーティシャ(インド占星術)による“宝石処方”という形でパーソナルカラー・ジュエリーのオーダーをお請けしています」

大段「宝石処方。日本ではあまり聞き慣れない言葉ですね」

春名「インドではとてもポピュラーで、多くの人が宝石処方から、自分のジュエリーをお守りとして身につけているんですよ。
現地の伝統的なインド占星術をもとにした宝石処方では、その方の出生日から割り出したバースチャートを元に、鉄板の惑星とリンクする宝石を処方するのですが、9つの惑星に連動する9種類の色の石しか使わないんです。でも宝石には無数の色があるし、人のマインドや向かうべきステージは、その都度変化していきますよね。
なので私は、インド占星術のセッションでその方のマインドを引き出して、それに沿った石を使ってジュエリー制作を行っています。それが本来の宝石処方のかたちなんじゃないのかな、と思って」

春名さんのデザインによるジュエリーリング。どのジュエリーも美しい! 
写真右のリングは、ランの一種「シンピジウム」(ブルートパーズ)をモチーフにしたデザインで、「ワンランク上の自分に、ありのままの自分で進む」という意味が込められているのだそう。
写真左から、「シャンティ・プラーヴァ(ペリドッド・イエローサファイア)」、「ジャスミン」(グリーンアメジスト)、「カトレア」(ルビー)、「プラクリティ」(ペリドット)
*価格はカトレア(ルビー)¥90,000〜より。詳細はプロフィールにある公式サイトを参照ください。

大人の女性のための“飴玉”処方

井尾「どの宝石も、とてもキレイ! あの、パワーストーンと宝石とでは、身につけたときの効果はどう違うんですか? そもそもお値段からして違いますが……」

春名「気軽に買えるものが多い天然石に対して、宝石は原石の10分の1もとれないんです。透明度の高い、色がきれいに出る希少な部分を職人の手によって磨き上げるのですが、それによってパワーストーンよりも波動が安定すると言われています。波動がマイルドな天然石に比べると、宝石は、“ブレない自分軸を作る、より強力なサポート”という感じでしょうか。ただし、本当に変わりたい!という強い意志がないと、宝石がもつ力に負けてしまうこともあります」

井尾「宝石は、たしかに貫禄がありますね」

大段「自分でつねにメンタルコントロールができれば理想的ですが、人生が大きく変化する時は、それもなかなか難しい」

春名「そうなんです。だから私は、宝石処方は女性にとっての“飴玉処方”だと思っています。自分に飴玉というご褒美をあげることで、“よしがんばろう!”と思えるように。大人って、自分で自分を励まさないと、あまり褒めてもらえないじゃないですか(笑)」

井尾「そうですよねぇ。私も、飴玉が欲しいです」

春名「波動が安定している宝石を、その時必要なメッセージと共に身につけることによって、“なりたい自分”に近づいていただく。そんなお手伝いが出来たら、と思っています」

サンスクリット語で「無限」という意味をもつ「アミティ」という名前のネックレス(ガーネット)。「直感を信じる強さ、無限の可能性を広げる自信が欲しい方におすすめしているデザインです」(春名さん)。

土星期でわかる「人生の課題」

「早速、お二人のバースチャート(出生年月日と時間、場所)をインド占星術でみてみましょうか」と春名さん。

春名「星のパワーバランスといって、ポジティブに作用する星と、ネガティブに作用する星があるんですが、井尾さんは水星が強くて、火星が弱い。大段さんはまさに真逆で、火星が強くて水星が弱いというチャートになっています。面白いですね」

ふたり「えーっ」

春名さんいわく、水星はコミュニケーションを現し、火星は強い自己主張を表しているのだとか。

井尾「私は文章や言葉でのコミュニケーションは仕事柄、得意な方だと思うんですけど、なかなか自己主張ができないところがあります」

大段「私は言いたいことをハッキリ主張するほうなので、人とぶつかることも少なくないかもしれません。でも、プレゼンのような場で、自分の意見を通していくことはわりと得意かもしれませんね」

春名「お二人それぞれ、足りないところを補い合う相性ですね。だから、バランスがとれるのだと思いますよ」

インド占星術とは、生まれた日の天文図をもとに、クライアントの「生きる目的、課題」を読み解いていく一種の学問なのだそう。

春名「それを知ることで、より自分らしく生きるコツ、ヒントが見つかります。まず、今ご自身がどんなことにフォーカスされているのか、現状や悩み、希望についてお聞かせいただけますか?」

井尾「私は……。いろいろ言えばキリがないですが、今は仕事ですね。ぶっちゃけ本音をいうと、成功したい!(笑)。ワクワクする仕事をして、それがヒットにつながるといいなぁという」

大段「正直でいいと思います(笑)。でもそれって、みんな聞きたいことですよね」

井尾「セレブ生活がしたいとかではないのですが、ワクワクするテーマ、チャレンジングな仕事で、自分のステージをもっと上げたい!って、最近沸々と思うようになってきました。
もう少し前は、“仕事と子育ての両立”が課題で、地固め的な時期だったというか……。仕事のジャンルも、子育てや教育とか、ここ数年は堅実なテーマが多かったですね。でもこの春、息子の中学校卒業と同時に、そのジャンルはもう卒業したかな?という気がしていて」

春名「なるほど。インド占星術では、その方の人生の年表のようなものが出生時間で決まるのですが、井尾さんの場合は、2006年頃から土星の時期に入っています。土星期というのは、インド占星術では“人生の試練の時期”を現していて、課題がたくさん与えられるんですね。だから、物事がどうしても真面目に、重たくなりがちなんです」

私と大段さんのインド占星術のホロスコープ。人生の年表を、写真上部にあるような、12室の星室に分けて読み解きます。

井尾「たしかに……。その頃はちょうど、子育てをしながら仕事の時間を多く作るにはどうすればいいのか、ものすごく悩んでいました」

春名「井尾さんの場合、土星期の流れの中にまだいるのですが、いちばん大変だった時期はもう超えています。そのせいか、土星期の重さにも慣れてきている感じ(笑)。そして2016年の夏頃から、自分の感情の好き嫌いを浮き彫りにする時期に差し掛かってきました。今のままでいいのかなとか、もっと変わりたいと思うのは、そのせいかもしれません。そういう星の流れを無意識に感じ取っていらっしゃるので、直感的にピンときたこと、ワクワクすることは、どんどん始めていいと思いますよ」

人によって時期は異なるという「土星期」。試練の時期とはいえ、「必要以上に悪くとらないでください(笑)」と春名さん。重たい影響は受けるものの「やりたいことがまったくできない」ということではないのだそう。

春名「“ワクワクすることを選びたい”というのは、どんな時期でもチャレンジできることですから。ただ長い人生の中には、なにくそと試練と向き合う時期もある、ということですね」

成長につながる「人生の土星期」

井尾「でも私の土星期は、一体あといつまで(恐る恐る)……」

春名「もう半分終わりましたよ(笑)。ただ井尾さんの場合は、おそらく土星期が、子育ての時期とリンクしているんだと思います。お子さんは高校生になったけれど、社会人として巣立つまではあともう少し、今世の課題である“お母さん業”の試練が続くのではないでしょうか」

井尾「そういえば、出産のときのことを今思い出しました。陣痛で“もう嫌〜!”とか騒いでいたら、助産師さんから、“お母さんががんばらないと、赤ちゃんがしんどいのよ!”ってピシャっと叱られたんです(笑)。その瞬間に、“そうか、自分のことは後回しにしなきゃ!”って、あの瞬間、今までの自分から意識が切り替わったことをよく憶えています」

春名「お子さんが人生に現れたのは、子育てを通じて、自分の思い通りにはいかない経験を重ねること、そして“自分を差し置いてでも”という慈悲の心を学びなさいという、星のメッセージなのでしょうね。その経験が生かされて、今ようやく、自分の感情や好き嫌いが言える、心が動く時期に差し掛かってきたのではないでしょうか」

大段「土星期は、ただハードなだけじゃないということですよね。私の土星期はいつですか。もしこれからだったら、ちょっとドキドキですが……」

春名「大段さんは、じつはもう、土星期は抜けています」

大段「そうなんですか!」

井尾「いいなぁ、大段さん〜(笑)」

春名「2011年4月から、水星に切り替わっていますね。土星期は、もっと前でした。思春期くらいから20代くらいの頃、いろいろな課題や試練が多かったのではないですか?」

大段「たしかにそうですね。そのくらいの時は人生の方向性が見えなくて、自分はどう生きていこうか、トンネルの中に入っていたような重い感じでした」

井尾「大段さんは、フォトグラファーとして、最初から順調にキャリアを積んでこられた方だと勝手に思っていました」

大段「そんなことないですよ。実家に祖父のカメラがたくさんあったので、写真は好きだったのですが、プロのフォトグラファーになるとは夢にも思っていませんでした。でも今思えば、あの土星期があったからこそ人生を真剣に考えたし、突破口を見つけたくて、思い切ったチャレンジもできたんだなと思います。写真の勉強を始めたこともそうだし、その仕事に飛び込んでみたことも。土星期がなければ、今の自分はおそらくいなかったでしょうね」

井尾「そうだったんですね(しみじみ)」

春名「おっしゃる通りです。自分がどうなりたいのか、じっくりと深く向き合うことができれば、土星期に種まきをしていたことは、その時期を抜けたあとに開花するんですよ。大段さんのケースは、まさにそれを現していますね」

そんな、「そろそろ人生半分な私たち」をサポートしてくれるジュエリーとは一体?
気になる春名さんの「飴玉処方」は、次回につづきます!

(つづく)

春名めぐみさん
ジュエリーデザイナー、アーティスト。「MEGUMI HARUNA」Jewelryオーナー。ベンチャー企業勤務を経て、インドでヨガとインド占星術の基礎を学ぶ。帰国後、本格的にインド占星術を学び、ジュエリーのデザインと制作をスタート。
「自分らしく咲くことの大切さを伝え、華のある女性を増やすこと」をテーマに、現在はNYを拠点にジュエリー制作の活動を続けている。
http://www.megumi-haruna.com

—— あわせて読みたい記事・おすすめ商品 ——

—— オンラインストア入荷情報 ——