イラスト/杉本さなえ

体はさくさくアクティブに、心はわくわくしなやかに。
そんなきらきらの毎日を過ごしていたいけれど……。
「なんだか最近、すぐ疲れちゃうね」と、ため息をついていたのは、
「人生そろそろ、折り返し地点」年齢を迎える私ことフリー編集者の井尾淳子と、
仲良しのフォトグラファー、大段まちこさん。
「このままじゃ、ダメになっちゃうかも!!」(私)
「なんとかしないと、たいへんですよね……」」(大段さん)
こうなったら、スピリチュアルも開運も、ボディワークも瞑想も、
「自分をよくすることは全部やりましょう!」と、決めたのでした。
そのとたん、持ち前の好奇心に火がついた私たち。
「何それ!」「やってみたい!」「会いに行こう!」
気になる人の気になる話を聞きに行きながら、かわいい写真も撮りながら。
私たちの「こころと体をめぐる旅」は始まったのです。

井尾淳子/フリー編集者&ライター
子育て雑誌の編集経験を経て、現在は書籍編集や執筆、ウェブなどのデジタルコンテンツに携わる。制作会社勤務の夫、思春期真っ只中の息子の3人暮らし。子育てと仕事に追われるなか、「こころとからだをもっと健やかに保ちたい!」と、大段まちことともに、浄化スポットめぐりに邁進中。 

大段まちこ/フォトグラファー
神戸生まれの神戸育ち。かわいいもの、雑貨、ファッションなどをテーマに、女性誌やライフスタイル誌で活躍。みずから足を運んで集めた「こころとからだ」の浄化スポット情報は、右に出るものなし! スタイリストの岡尾美代子さん、デザイナーの岡村佳織さんとともに企画した 2017年 日めくりカレンダーBOOK「A VERY MERRY EVERY DAY to you」が大ヒット。www.odanmachiko.com

こころとからだ向上委員会 第二回 〈後篇〉
インド占星術との出会い
〜ジュエリー処方で「なりたい自分」になる〜

インド占星術をベースに、オリジナルのジュエリー制作を行っている、春名めぐみさんと対面した私たち。(ここまでのお話は、前回参照)

井尾「私たちをサポートしてくれるジュエリーは何か、教えていただけますか?新しい仕事のご縁も多くいただいているのですが、年齢的に体力とのバランスがうまくとれなくて……」

春名さん(以下、敬称略)「井尾さんの場合、土星が入っているのが幸いにも6室という、試練や困難を表す星室なんです。こういう厳しい部屋に凶星が入るのは、じつはラッキーなこと。なぜなら、“この人には絶対に負けない!”など、負けん気の強さの現れなんですよ。粘り強くて、最後に勝つタイプ」

大段「イオさん、そんなふうに見えないのに意外です(笑)」

井尾「インド占星術はお見通しなんですね。じつは、結構負けず嫌いです(笑)」

春名「ただ、気力は強い方ですが、フィジカルはあまり強くないチャートです。なので今の課題をクリアするためには、“取捨選択”が重要になってきますね。ワクワクすることをやっていくためには、捨てたり、断ったりする強さを身につけること」

井尾「弱点の自己主張がここに〜」

春名「本来は好き嫌いもハッキリしているし、自由な方なんですが、相手に合わせやすいというか、全体の空気的を読んでノーが言えないところがあるようです。今の井尾さんに贈りたいのは、“断っても、私は許される”というメッセージですね。そのメッセージを後押ししてくれるジュエリーは、木星を表すイエローやゴールド系の石。まわりと調和しながらも、自分の主張を少しずつ増やしていく後押しをしてくれます。または金星を表す宝石で、もっとワクワクする自分を受け入れていくのも良いのでは?」

今の私をサポートしてくれるというリングはこちら。写真左は「マリーチ・賢者のリング」というデザイン(イエローベリル、スペサイトガーネット)」。「イエローの宝石は木星をサポートする宝石。自分の取捨選択をサポートしてくれる石です。人と接する、コミュニケーションを中心とするお仕事の方におすすめです」(春名さん)
写真右は、「MEHNDI(ルチルクォーツ・ダイヤモンド)」インドの花嫁の魔除けのタトゥからインスパイアされたデザイン。「ルチルクオーツは、金運を司る石としても有名ですが、精神的に強くなりたい方、勝負運を強くするなどの効果を感じる宝石。もっとワクワクすること&ものを引き寄せるチカラを自然と発揮するようになっていくので、今の井尾さんにぴったりなのではないでしょうか」(春名さん)

春名「大段さんの、“今なりたい自分”もお聞かせいただけますか?」

大段「私も仕事ですね。楽しく仕事をして、それに見合った報酬を得て、そのお金をみんなにどんどん回していきたいです」

春名「還元したい、ということですか」

大段「はい。私はお金を使うこと自体は、わりと好きなんです。だから、もっともっと、グルグル回していけたらいいなと思っていて。ワクワクするコンテンツのプロデュースや、仲間とのプロジェクトなど、やりたいこと、野望はいっぱいあるのですけど、それを叶える資金がなかなか貯まらないのが悩みです(苦笑)」

春名「具体的な目的のために、お金が欲しいということですね」

大段「これまでは、クライアントからの依頼でお仕事を請けて、自分の人生は自分のものとして、ひたすらがむしゃらに働いてきました。でも数年前に、体調を崩してしまって。そこで仕事をお休みしたことがきっかけで、今までにない心の変化があったんです。自分のためだけに仕事をするのではなくて、まわりをワクワクさせるようなコンテンツを、仲間と一緒にやっていきたいなと思うようになりました」

春名「自分には社会にできることがあるということに気づかれたのですね。じつはインド占星術で見ても、大段さんの人生の課題は、まさに社会とつながることにあるようですよ」

大段「えっ! そうなのですか」

春名「はい。それも、人の心に触れるようなコンテンツで。ご自身の表現のかたちが写真であることにも、つながっていますね。最終的には、“社会とつながる自分”に集約されていくという人生が、これから浮き彫りになっていくのではと思います」

インド占星術って、深い!「大段さんの場合、やるべきプロジェクトが決まり、その目的が社会のためであれば、お金は勝手に集まってくると思いますよ」と春名さん。

大段「それは本当ですか?」

春名「本当です(笑)。大段さんは、みんながワクワクするプロジェクトのボスにならざるをえない、そういうチャートの持ち主ですから。たしかに最初にキャッシュがあればラクではありますが、そうなると、行動に移すスピードが落ちてしまう可能性も出ていますね」

大段「今じゃなくてもいいかな、と先送りにしてしまうんですね。それも、わかる気がします」

春名「大段さんは火星の力をもっている方なので、“大変!”とがむしゃらに走っている時のほうが、プラスのサイクルに回っていきます。“目的のためならば、私は必ず遂行できる”というのが、今の大段さんに贈るメッセージですね」

大段「励みになるメッセージ! やりたいことがあると、とにかく始めてしまうところはあるのですが、“本当に大丈夫?”という怖さ、考えグセみたいなものも手放したいのですけれど……。そんな現状をサポートしてくれるジュエリーもあるのですか?」

春名「はい。ありますよ。大段さんは、とても意思が強いところがある一方で、心の中にビクビクしている子鹿ちゃんを飼っていらっしゃるところがあるようです。なので、自分の中の子鹿ちゃんが、“大丈夫だよ”と言ってくれる状態をキープすることがテーマですね。あとは、明確な目的をもって遂行できるように、サポートしてくれるジュエリーもおすすめです」

写真は「jasmine」というリング。春名さんいわく、「ジャスミンと繋がる惑星である月のテーマ『感性を大切にする』という意味のデザインです」(グリーンアメジスト)

大段「私は水晶系のキラキラした石が好きで、普段はそういうものについ目がいってしまいます」

春名「そうですか……。でも今の時期は、避けたほうがいいかもしれません。水晶などのキラキラしたジュエリーは金星を表す宝石で、好き嫌いなどの感情、お金にまつわるアップダウンを引き寄せる原因にもなる石です。そうなると、心の中の子鹿ちゃんが不安定になって、コントロールが難しくなりそう」

大段「えーっ。では、一体何をつければ〜?(涙)」

春名「本来の目的を引き寄せる自分になるために、太陽の石がいいと思います。色でいうと、ピンク系のジュエリーですね。そして、“あとは突き進むだけ!”となったら、火星の石も相性がいいですよ。珊瑚やガーネット、ルビーなどの強い赤です」

大段「赤い石、いいですね。ピンク系の石もっていないので、身につけてみたいです!」

井尾「目的が2つあるときは、両方つけてもいいんですか?」

春名「はい。たとえば、“私はどんなプレゼンでもうまくいく”など、前に出る自信をつける石と、自分をワクワクさせる石、というふうに、役割を分けてあげればいいので大丈夫ですよ」

「カメリア」というデザインのネックレス。宝石はロードクロサイト。「カメリアの花言葉は『控えめの優しさ』『誇り』等身大の姿に誇りを持ちたい貴方へ、というものです。ロードクロサイトには、心と身体にエネルギーをチャージする力、新しい息吹を感じるものや、ソウルメイトを引き寄せる石という言い伝えもあります」(春名さん)

最後に

大段さんと私とでは、今身につけるべきジュエリーの傾向も正反対という結果に。その人の状況やステージによって、ぴったりの石の種類やデザインも考えてくださるという春名さん。

井尾「私はキラキラ系の金星のジュエリーになりましたが、お金が出ていってしまうことになりませんか〜」

春名「(笑)井尾さんは、残る土星期を軽やかに超えていくために、子育て期で抑えていた感情を少しずつ解放していただきたいので、金星のサポートが必要なんです。土星期の間に身についた我慢グセって、解消するタイミングを失ってしまう人が案外多いんですよ」

井尾「なるほど。だから、キラキラの石が必要なんですね」

大段「リングとネックレスでも、サポートの意味合いが違ったりするのですか?」

春名「それぞれに意味がありますよ。人から見られる印象を確立させたい場合は、ネックレスやピアス、自分のマインドを変化させたい場合は、リングがおすすめです。
たとえば、ネガティブな要素を近づけないように、“強い自分、自己主張ができる自分に見られたい”という願っている方には、人から見た印象を変える効果があるので、ネックレスやピアスをおすすめしています。
リングの場合は、身につけることで目に触れることができるので、“こんな私でありたい”という、ジュエリーに込めたメッセージをいつも忘れずに、自分自身を強くしていくような力があります」

井尾「今の私には、後者のサポートが必要な気がします!」

大段「自分へのメッセージを忘れないようにするのは、とてもいいですよね」

左から
「ディヤーナ」ネックレス(ターコイズ)、「フルード・リリス ラブ」ペンダントトップ(シトリン)、「ミナクシィ」ピアス(アイオライト×ルチルクオーツ)、
「ルドベキア」ペンダントトップ(パライバトルマリン)、「ムードラ」ピアス(ブルートパーズ)

大段「インド占星術のことがもっと知りたくなってきました」

井尾「私も! 西洋占星術との違いとか、知りたいなぁ」

春名「じつは私の友人に、インド占星術のラーマーヤナカードというタロットとアーユルヴェーダのセッションを中心に活動している女性がいますよ。よろしかったら、ご紹介しましょうか?」

井尾「気になる! 会ってみたいです!」

…ということで次回は、さらなるインド占星術の学びの旅へ。乞うご期待です!

春名めぐみさん
ジュエリーデザイナー、アーティスト。「MEGUMI HARUNA」Jewelryオーナー。ベンチャー企業勤務を経て、インドでヨガとインド占星術の基礎を学ぶ。帰国後、本格的にインド占星術を学び、ジュエリーのデザインと制作をスタート。
「自分らしく咲くことの大切さを伝え、華のある女性を増やすこと」をテーマに、現在はNYを拠点にジュエリー制作の活動を続けている。
http://www.megumi-haruna.com

—— あわせて読みたい記事・おすすめ商品 ——

—— オンラインストア入荷情報 ——