イラスト/杉本さなえ

体はさくさくアクティブに、心はわくわくしなやかに。
そんなきらきらの毎日を過ごしていたいけれど……。
「なんだか最近、すぐ疲れちゃうね」と、ため息をついていたのは、
「人生そろそろ、折り返し地点」年齢を迎える私ことフリー編集者の井尾淳子と、
仲良しのフォトグラファー、大段まちこさん。
「このままじゃ、ダメになっちゃうかも!!」(私)
「なんとかしないと、たいへんですよね……」」(大段さん)
こうなったら、スピリチュアルも開運も、ボディワークも瞑想も、
「自分をよくすることは全部やりましょう!」と、決めたのでした。
そのとたん、持ち前の好奇心に火がついた私たち。
「何それ!」「やってみたい!」「会いに行こう!」
気になる人の気になる話を聞きに行きながら、かわいい写真も撮りながら。
私たちの「こころと体をめぐる旅」は始まったのです。

井尾淳子/フリー編集者&ライター
子育て雑誌の編集経験を経て、現在は書籍編集や執筆、ウェブなどのデジタルコンテンツに携わる。制作会社勤務の夫、思春期真っ只中の息子の3人暮らし。子育てと仕事に追われるなか、「こころとからだをもっと健やかに保ちたい!」と、大段まちことともに、浄化スポットめぐりに邁進中。 

大段まちこ/フォトグラファー
神戸生まれの神戸育ち。かわいいもの、雑貨、ファッションなどをテーマに、女性誌やライフスタイル誌で活躍。みずから足を運んで集めた「こころとからだ」の浄化スポット情報は、右に出るものなし! スタイリストの岡尾美代子さん、デザイナーの岡村佳織さんとともに企画した 2017年 日めくりカレンダーBOOK「A VERY MERRY EVERY DAY to you」が大ヒット。www.odanmachiko.com

こころとからだ向上委員会 第三回 〈後篇〉
インド占星術、ふたたび
〜ラーマーヤナカードとヒマラヤ精油の神秘〜

フリーランスで働く女性を中心に、口コミでじわじわと注目が集まっている佐藤まど香さんのサロン「VEDA LANKA」。たんなるマッサージとは違い、インド占星術をもとにしたホロスコープ&タロットカードのリーディングから、こころとからだの両方にアプローチしていくのが、まど香さんのセッションの大きな特徴。
セッションのメニューは主に、スリランカのアーユルヴェーダ病院で使用されているハーバルオイルを用いるコースと、ヒマラヤの森林に自生する植物から抽出されたヒマラヤ精油を用いるコースの2つ。わたしたちは、後者のヒマラヤ精油のヘッドマッサージを体験させていただきました。

(インド占星術の考え方については、前回をご覧ください)

「まず、ラーマーヤナカードと呼ばれる24枚のカードから、2〜3枚選んでいただきます」とまど香さん。

インドでもっとも古い物語「ラーマーヤナ」をもとにしたタロットカード。「ラーマという王子が仙人のもとで修行を積み、鬼たちと腕試しをします。その後、シーターという姫に出会い結婚するのですが、王国を追放され、ラスボスの鬼に姫をさらわれてしまいます。姫を助け出すべく鬼退治にいくというストーリーは、昔話の桃太郎の原型になっている物語ではないかとも言われています」(まど香さん)

まど香「そして、クライアントの選んだカードのメッセージから、ヘッドマッサージで使用する精油を選んでいきます」

写真は、スリランカのハーブオイル。「5000年の歴史に裏付けされた伝統医学のパワフルな力を感じるオイルです。からだの中の余計なものをきれいに削ぎ落とし、すこやかにしていきます」(まど香さん)

こちらが、わたしたちが体験したヒマラヤ精油。左から、カンショウ(¥2,700)、ビャクシンの針葉(¥2,300)、ヒマラヤモミ(¥2,700)(すべてTHOUSAND SNOW *2017年3月現在。ヒマラヤ精油は採取状況により値段が変動することがあります)
「標高4,000mで育った野生種のアロマで、非常にスピリチュアリティの高いオイルです。短時間の施術でもエネルギーが変わる力があります」(まど香さん)

ラーマーヤナカードから導く「ヒマラヤ精油」

大段「オイルを選ぶのに、カードを使用するのはなぜですか?」

まど香「タロットを取り入れる以前は、クライアントのみなさんの多くが、こころとからだがつながっていないと感じていました。たとえば最初のカウンセリングで、“今日はすごく調子が悪くて”とおっしゃっているのに、実際のからだは元気だったり、“調子がいいです”というときはからだがガチガチだったり。そこで、もっと潜在意識を引き出せる方法がないかなと思ってたいとき、このラーマーヤナカードの存在を教わったんです」

「私個人の判断、フィーリングで選ぶよりも、カードからオイルを選んだほうが、その方のこころとからだの状態にパチッとハマるんです」とまど香さん。不思議なもので、クライアントの状態にそぐわないオイルを選んでしまうと、いくら瓶をかたむけても、まったく中身が出てこないのだそう。

まど香「反対に、ぴったり合っているオイルだと、どんどん出てくるんです。そういうときは、ヘッドマッサージをしながら私が受け取るメッセージもとてもクリアなんですよ。からだから受け取ったメッセージと、ホロスコープを見ながらリーディングを合致させると、より立体的なセッションになっていくと感じています」

井尾「人間の思惑を超えて、カードとオイルがベストな道を選んでくれるんですね。ヒマラヤ精油のパワー、おそるべし」

私(井尾)が、施術前に選んだラーマーヤナカード。

まど香「このカードを引いたとき、答えを出したいと思ったテーマはありますか?」 

井尾「ありがたいことに、最近は仕事がキャパオーバー気味で。でも、どれも自分としては手放さず、どうにか楽しみながら全部クリアできないかなぁと……。仕事を断る不安もありますが、まぁ欲張りなんでしょうね(笑)」

まど香「なるほど。向かって右(写真)は、No.6の“羅刹”のカードといって、王子の鬼退治の2回戦を表すカード。つまり、応用編です。この鬼、じつはこの戦いで王子は取り逃しているんですよ。このカードは不完全さや未熟さを現すのですが、王子がやがて成熟した後になって、No.12のカードでは取り逃がした⻤が金の鹿に化けて、再び登場します」

ふたりのリーディングの結果は…。
「宇宙人」と「トタン屋根」!?(笑)

井尾「ははぁ。というと?」

まど香「カードが伝えているのは、とり逃がす、または乗り越えるが、のちにぶり返す課題であると。そこでここから何を読み解くかというと、井尾さんは”すべての仕事を完璧にやりこなそうとする必要はない”ということです。もちろん目の前のことに向き合っていただいていいのですが、今現在の力量分でしか、やっぱりクリアすることはできないと思うんですね。でもカードの鬼と同じで、たとえ今取り逃してしまったとしても、その仕事に対して後悔の念や罪悪感を抱く必要はありません。いずれ対峙できる自分になったときに、もう一回チャンスはくると思いますから」

井尾「なるほど〜!」

大段「そういうふうに読み解くんですね! 面白い」

「クライアントにとって、今必要な課題を伝えるのが自分の役目だと思っています」と、まど香さん。なので、ときには厳しいアドバイスとなるセッションもあるけれど、「その方にとっては、やはり避けては通れないテーマ」として、お伝えするようにしているのだとか。

まど香「もう一枚(向かって左)は、喉のかたちを表わしているカードです。じつは井尾さんはホロスコープ上、宇宙からのコミュニケーションを託された天命をもっている方なんです。
なので、自分自身の言葉よりも、そのときの宇宙が伝えたいメッセージを無意識に優先してしまうので、言いたいことを言えていないところがあるようです。実際、ヘッドマッサージのときも、喉につながる耳下腺のガードがとても固くて、まったく触らせてもらえませんでした」

井尾「えぇっ。私の人生の課題は、そんな壮大なものなんですか!? 魂年齢的には若輩者だから、油断していましたが……」

まど香「井尾さんは、前提として宇宙からの絶対的な支持と応援をもらっているホロスコープなんですよ。
しかも宇宙のメッセンジャー的な役割を前世からずっとくり返しているので、魂年齢の若さはほとんど関係ないという、珍しいホロスコープですね。ホロスコープ的には地球人ではなく、もはや宇宙人の域(笑)」

まど香さんいわく「全然、読者の方の参考にならないホロスコープ」とのことなので詳細は割愛しますが(笑)、宇宙人として生きるには、完璧を求めたり、保守的になったり、何かにこだわりすぎないほうがいいのだそうです。

まど香「フレキシブルに、柔軟性をもつことが重要な時期なので、ヒマラヤ精油はフレンチバジル、ユーカリプタス、パルマローザのブレンドを使いました。この3つは、転換期の人が現状打破できるように、背中を押してくれる力のあるオイルなんです」

大段さんが引いたラーマーヤナカードはこちら。

大段「私は、あまり何も考えずに、直感で選んだらこのカードが出ました」

まど香「とてもコアなカードが出ましたね。とくに写真向かって左側、ラスボスと戦っているカードは、生きるべき課題と向き合っているときにガツンと出るクライマックスのカードです。邪念がなく、今やるべきことに集中している状態ですね。大段さんは、魂年齢が高く、積み重ねてきた得も高い人のホロスコープとお伝えしましたが(前半参照)、周囲の人を巻き込きこみながら、みんなをあるべき場所に連れていき、ステップアップ&循環させていくという役割をお持ちの方なんです。まだ自分に自信がもてなくて、デビューもできないけれど、でも誰かが屋根を作ってくれたらそこには入りたい! という人たちにとっての、屋根みたいな存在というか」

大段「あぁ……。それは腑に落ちるところがあります。まわりの人はみんな成長して、ステップアップしていくけれど、私だけはいつも変わらなくて。それで落ち込むことがあります」

井尾「まるで糟糠の妻のような……」

まど香「(笑)。そう。でも、まわりの人には大段さんが必要なので、大段さんはそのまま変わらなくていいんです。大段さんが完成形になってしまったら、まわりの人が循環できなくなってしまうから。完璧な屋根というより、トタン屋根でいてくださるのが理想です」

大段「なんと(笑)。でも、トタン屋根でいいとわかって、また安心できました」

まど香「さらに、もう一枚のカード(写真向かって右)は、“天命を授ける”というテーマ。このカードからも、大段さんが屋根となり、周囲の人に活躍の場や役割を提供していることが読み解けますね」

井尾「私も、きっと大段さんの屋根の下にいるひとりですね!(笑)」

大段さんも、読者の方にはあまり参考にならない、ぶっ飛んだホロスコープの持ち主だそうなので、ふたたび詳細は割愛します(笑)。結論として言えるのは、大段さんは今まさに、人生の根幹のテーマに向かっている重要な時期なのだそう。

まど香「集中力が必要な時期を迎えているので、マインドはそのままに、疲れたからだを癒す力のあるオイルとして、大段さんの施術にはシャクナゲやフユザンショウ、パルマローザなど、やさしいオイルを使用しました」

大段「やっぱり、からだは疲れているんですね。ヒマラヤ精油でケアしたいと思います」

最後に…

大段「本当に、中身の濃いお話とセッションでした!」

井尾「まど香さんがセラピストとして、みなさんに伝えていきたいことって、どんなことでしょうか?」

まど香「どんな方も、やるべきなのは“成長”でも“変化”でもなくて、本来の自分自身に戻ることだと思うんです。年齢を重ねるにつれ、いろいろまとってしまっている余分なものをそぎ取って、ひとつの小さな丸いエネルギー、魂に戻ることが生きることのテーマですから」

そのままの自分でいいと認めた瞬間に完成し、そこにゴールが見えてくる。「自信がない部分も含めて、すでに満たされているんだと思った瞬間に、成長も変化もない、インドの哲学でいう悟りの境地に入るのではないでしょうか」とまど香さん。

井尾「迷っても、つねに自分に戻ってくればいいんですよね」

大段「そういう意味では、自分がどういう役割で生まれてきたのか、インド占星術の叡智から教えてもらうと、とてもラクになれますよね。それにしても、インド占星術の力に負けず劣らずパワフルな、ヒマラヤ精油の存在もかなり…」

井尾「気になります!」

まど香「ヒマラヤ精油もとても深いストーリーをもっているので、面白いですよ。よろしかったら、取扱をしている女性をご紹介しましょうか」

ふたり「ぜひ!」

…ということで、インド占星術が紡いでくれたご縁は、私たちをさらなる旅へと運んでいきます。次回もお楽しみに!

佐藤まど香さん
アーユルヴェーダセラピスト、サロン「VEDA LANKA」(東京・広尾)オーナー。
アーユルヴェーダのセラピストとして活動するなか、占術家・岩崎由岐子氏のもと、インド占星術、インドのタロットカード「ラーマーヤナガンジーファ」を学ぶ。
体の調整をするアーユルヴェーダと、インド占星術・インドタロットを組み合わせたセッションが、口コミで広がり注目を集めている。
2017年より、「ラーマーヤナカード」の講座、ヒマラヤ山岳民族の手摘みによって収穫された「ヒマラヤ精油を用いたヘッドマッサージ」もスタート。
http://vedalanka.weebly.com

—— あわせて読みたい記事・おすすめ商品 ——

—— オンラインストア入荷情報 ——