JUNICHI OGAWA

季節のレクチュール #1・冬 その3
Lecture des Saisons #1 – Hiver – 03

構成・文 松本 あかね
写真 有賀 傑

※レクチュールlecture:(仏)古くはレッスン、講話という意味を持つ言葉

「季節のなかのわたし」をテーマに、セラピストの小川純一さんが3回にわたり、
毎日のなかにとりいれたい、心と体のためのひとときを提案します。

季節のひとさら

朝はちゃんと料理をつくることで、リズムが整います。
温かくて軽い、朝食にぴったりのスープをご紹介します。

冬の朝は温かいひとさらを

寒さの続く毎日の朝食、どんなものをいただいていますか?
あらためて、いつもの朝食メニューを見直してみましょう。

冬の朝は乳製品を控えると、体が軽くなります。
朝はヨーグルトという方も多いかもしれませんが、
冬の朝に冷たい乳製品を摂ると、体を冷やしてしまいます。

人気のグラノラは、この季節は温めた牛乳や豆乳を注いでみてください。
冷たいのとはまたちがったおいしさで楽しめます。

冬の朝のスムージーも生野菜や果物が体を冷やしてしまうので、
温かいスープなどのほうが消化にはよいと思います。

日本人は欧米人に比べると、消化力が強くありません。
特に代謝と消化力が落ちている冬の朝は、お腹に優しいものを。
自分の体質にあったメニューをみつけておくと、朝食がより楽しめると思います。

体質にあった食事をみつける

それには、一つ一つ試していくしかありません。
食事にとどまらず、自分の体質に合った生活習慣をみつけようと思ったら、その答えは自分で探さなくては。

どこかに答えがあったらいいけれど、自分のことを丸ごと一冊記した本はないし、結局、自分と向き合うことしかないのだけれど、でもね、それをしないから外に答えを求めてしまうし、もし違ったらその答えに「なんで?」って責任を問いたくもなってしまう。

自分との向き合いって、面倒くさいし、時間もかかるし、しんどいのだけれど、そうやることでしか、自分自身って癒されないし、改善していかないんだと思います。

それができなくなると、薬に頼ってしまったりとか、インスタントの食品に頼ってしまったりとか、外の情報に振り回されたりするから。

僕も一つ一つ試した結果、僕にはちょっとスムージーも冷えるし、なんか朝からチーズとかだめだな、ヨーグルトも合わなかったな、ということがわかってきました。

一つでも変えてみたら、体が楽になる。こっちのほうがよかったんだ、とわかってくる。そのくりかえしなのです。

かぶとクミンのポタージュスープ

僕の朝食の定番は野菜のポタージュスープです。
ほんの少しのスパイスを効かせて、代謝を上げて体に負担のないようなレシピを心がけています。

乳製品は使わず、昆布だしにほんの少しの白味噌で味を整えたら、野菜だけで十分おいしく体も軽い。

このかぶのスープには生姜を加えてもよく、じゃがいもの代わりにリンゴを加えても、甘みが増しておいしいです。
それでは短時間でできる朝のスープレシピをご紹介します。

かぶとクミンのポタージュ(2人分)

かぶ(中) 2個
玉ねぎ 1/4個
じゃがいも 1/4個
長ねぎ(白い部分) 1/2本
クミンシード 小さじ1
ローリエ 1枚
昆布出汁 300cc
白みそ 大さじ1
オリーブオイル 適量
塩 適量

(1)かぶ、玉ねぎ、じゃがいも、長ねぎを薄めにスライスする(じゃがいもは水にさらしておく)。
(2)鍋にオリーブオイル、クミンシード、ローリエを入れて弱火で熱し、香りが立ってきたら(1)を加え、フタをして中火で蒸すように炒める。
(3)火が通って全体的にしんなりしたら、昆布出汁を加えて強火に。沸騰したら弱火にして10分〜15分ほど、ことこと煮る。
(4)火を止めて、粗熱を取ったら白みそを溶かし、滑らかになるまでミキサーにかける。
(5)再び熱し、塩で味を整え、器に盛る。お好みでサワークリーム、オリーブオイルを落とし、黒こしょうを挽いて召し上がれ。

冬のスピリチュアル・ハーブティ

寒くて気持ちが沈みがちな朝に、
太陽のようなあたたかなパワーを与えてくれるお茶をご紹介します。

※妊娠の可能性のある方は必ずお控えください。

朝、きちんと目覚めたいとき
ローズマリー&生姜

生姜=心と体を温める

寒い冬の朝は生姜がおすすめ。
火のエネルギーが強く、体を温めて、代謝を上げてくれます。
生姜をスライスして天日干ししてハーブと混ぜて飲むと、美味しい上にデトックス効果も。

生姜は、不安や心配ごとがあるときにもよいのです。
そういうときは心が冷え切っているもの。
心を温めるためにも、生姜のお茶を飲むと活き活きした気持ちを取り戻せます。

寒い季節は気持ちがゆらぎやすいときでもあります。
そんなときに根っこの植物のエネルギーがピシッと効くのです。
地に足をつけ、本来の自分自身でいることを助けてくれます。

 

ローズマリー=頭と体を活性化する

「覚醒のハーブ」といわれるローズマリー。
集中力を高めるので、コーヒーの代わりとしてもおすすめしたいです。

ローズマリーは「太陽のエネルギー」を持つともいわれます。
体が冷えてだるいときや、冷え性の人は、太陽のエネルギーをもつハーブで体を活性化してバランスをとることが大切です。

ローズマリーと生姜のお茶は、目覚めを促し、冷え切った心や体もぐっとあげてくれる。
冬にぴったりのハーブティーだと思います。

 

タイム=生きる活力をくれる

タイムは「活動と勇気のハーブ」といわれていています。
人生に光を与え、物事を進めていくときの、恐怖心をなくしてくれる。
そういう意味合いを持つハーブです。

気分が沈みがちな冬の朝、起きたくない、仕事へ行きたくない、という日もあるかもしれませんね。
そんなときはタイムのお茶を淹れると、しゃきんとして「さあがんばろう」という気持ちになります。
一日の始まりの活力を与えてくれるのです。

何よりすごくしゃれた香りがするから、それだけで気分がいいので、僕はちょっと元気がないなというときに飲むようにしています。

ただ、タイムは発汗作用が強く、体にこもった熱を外に出す働きもあります。
風邪をひいたときに良いハーブですが、元気な場合は毎日飲む必要はありません。
冬の朝、いまいち調子が出ないというときに、体を温める生姜と合わせて飲むようにしましょう。

タイムと生姜のお茶は循環をよくし、調子の悪いときに底力を与えてくれる。
長い冬に向けて覚えておいてもらいたいハーブティです。

 

ここでご紹介するハーブティについて

ハーブはヨーロッパでは医療用として長い歴史を持ちます。
僕も心と体に深く働きかけるものとして、慎重にとりあつかうよう、心がけています。
ここでは、改めてハーブについて心に留めおいていただきたいことをお話します。

寒い季節にタイムティーは常用しない
本文でも触れましたが、タイムは体の熱をとる強い作用を持ちます。冬に毎日飲むお茶としてはお勧めしません。

お茶はうすめに
ハーブティは薄いほど体に浸透するように感じています。
衣服でも肌ざわりのよいものは、シルクのように薄くひらひらとして肌によくなじみます。
それと同じように、薄めに淹れたものほどエネルギーが繊細になり、体にやわらかな影響を及ぼします。
小さなカップでちょこちょこと飲むことが効果的です。

こんなときはお控えください
妊娠の可能性のある方、産前産後はお控えください。
体に少しでも違和感が現れたら、飲用を中止し、お医者さまにご相談ください。

MEME

「本当の私と出会う」をテーマに、スピリチュアルな感性をもっと身近に感じるスピリット&ライフマガジン『MEME(ミーム)』。カウンセラーであり、アーティストである小川純一さんが自ら編集長になって立ち上げた小さな冊子です。

MEME spirit&life magazine issue #01
MEME spirit&life magazine issue #02

#1
#1
#1
#1

—— あわせて読みたい記事・おすすめ商品 ——

—— オンラインストア入荷情報 ——