F/style シナの縄の鍋敷き

シナの木の皮の繊維からつくった縄を編みこんだ鍋敷きです。シナとは新潟県の山北町に伝わる古代織物で、その歴史を連綿と受け継いでいる人たちが気の遠くなるほどの手間をかけてひとつひとつつくっています。急須にもティーポットにも相性がよく、スタイルを選びません。また、熱や水気に強く、丈夫です。

エフスタイル
ともに新潟生まれの五十嵐恵美と星野若菜のふたりにより、2001年にスタート。「製造以外で商品が流通するまでに必要なことはすべてやってみる」をモットーに、デザイン提案から販路の開拓まで一貫して請け負っている。おもな仕事に、山形の月山緞通とのコラボレートによるマットシリーズ、新潟の伝統工芸品シナ織りのバッグなど。伝統産業と「いま」を結び、使い手へと商品を届けている。著書に『エフスタイルの仕事』など。

F/style シナの縄の鍋敷き

サイズ:約直径16cm×高さ1.5cm

¥2,500
K135-00017

※価格はすべて税別