F/style 亀田縞のティッシュボックスカバー 生成

部屋のなかで意外に大きな存在感を放つティッシュボックスも、上品な色の亀田縞のカバーでインテリアにそっとなじんでくれます。新潟県は亀田の地から名をとった亀田織は、もともとは農民たちが水と泥に強い野良着を自作していたことから始まりました。エフスタイルは、亀田に2軒残る機屋さんとともに、当時の縞見本帳を頼りに縞を制作、現代の亀田縞を提案しています。少ない色の糸ながら、経糸と緯糸の組み合わせで驚くほどの織色のバリエーションが出ます。

エフスタイル
ともに新潟生まれの五十嵐恵美と星野若菜のふたりにより、2001年にスタート。「製造以外で商品が流通するまでに必要なことはすべてやってみる」をモットーに、デザイン提案から販路の開拓まで一貫して請け負っている。おもな仕事に、山形の月山緞通とのコラボレートによるマットシリーズ、新潟の伝統工芸品シナ織りのバッグなど。伝統産業と「いま」を結び、使い手へと商品を届けている。著書に『エフスタイルの仕事』など。

F/style 亀田縞のティッシュボックスカバー 生成

サイズ:縦19.7cm×横21.7cm×高さ5cm(薄型の箱ティッシュに対応)
材質:綿100%、ゴム
原産地:新潟県

¥1,600
K135-00091

※価格はすべて税別