多彩な表情をもつ、日常の器
日高伸治さん、直子さんの器

白磁や黄瀬戸、染付けなど、暮らしを彩る陶磁器を制作されている日高さんご夫婦。
幅広い技法と意匠がめぐらされた伸治さんの器に
のびやかな染付けを中心とした直子さんの器。
小粋な器たちは新しさの中にもどこか骨董のような趣も感じさせてくれます。
私たちの日々に寄りそって、すっとなじんでくれる器たちです。

日高伸治
1972年 愛知県生まれ
1996年 東京芸術大学大学院油画専攻科修了
2011年 愛知県窯業高等技術専門校修了。岐阜県瑞浪市に築窯
2016年 岡山県に移転

日高直子
1972年 神奈川県生まれ
2011年 愛知県窯業高等技術専門校修了
2011年〜15年 岐阜県の製陶所に勤務
2016年 岡山県に移転