広川絵麻さんの
おおらかな土の器

その手で田んぼの土を堀り
その手で土を成形し
その手で焼きあげる。
そうしてつくられた器から感じられるのは
スケールの大きさ、おおらかさ。
たとえ、それが小さな湯呑みのような作品でも。
そんな、伸びやかでダイナミックな
作家の手を感じる器たちです。

プロフィール
高知県生まれ。
沖縄県立芸術大学陶芸コース卒業、岐阜多治見市意匠研究所卒業。
香北町に移住後、小野哲平氏に師事。
現在、高知県香北町にて作陶。