joha ブーティ

赤ちゃんを冬の寒さから守る

足首がリブ編み、甲の部分はドローコードで調節できる仕様になっているので、赤ちゃんの足首を締めつけすぎず、脱げにくい仕様になっています。靴下の上から履かせてあげると、しっかりとした保温性で赤ちゃんを冬の寒さから守ってくれます。体温調節ができない赤ちゃん。足先を触って冷たければブーティーを履かせてあげ、少し暑そうな場合は脱がせてあげる。まだ言葉を話せない赤ちゃんは、ちょっとした表情や身体の小さな変化で、私たちに自分が今どうしてほしいかのサインを送っています。小さな変化に気づき、赤ちゃんとコミュニケーションを取っていきたいですね。

joha

1963年に子ども向けのインナーブランドとしてデンマークで誕生したjoha。洋服の仕立屋だった創業者が、素材はもちろん、生地やデザイン等細部までこだわり、子ども用からレディース、メンズまで、ファミリーみんなで着られるウール製インナーブランドとして、スカンディナヴィア地方では、広く知られています。
体温調節がうまくできない子どもたちを寒さから守るには、アクリル混合や綿素材の衣服よりもウールが最も適していると、子ども向けのウール製肌着を開発したことからスタートしただけあり、その製品の確かさには定評のあるブランドです。

joha ブーティ

素材:メリノウール
サイズ(70):靴裏の長11cm、高さ10cm

本社(企画):デンマーク
商品管理:ドイツ
生産国:ウクライナ

この商品のご購入にあたって

着用前の水通しをおすすめいたします。

joha ブーティ
ホワイト
¥3,200
K195-00011
joha ブーティ
グレー
¥3,200
K195-00012

※価格はすべて税別