PUENTE Mano レギンス 股下75cm ホワイト

ボリビアの機械紡ぎのアルパカ100%の毛糸を、コチャバンバのつくり手が手編みしたレギンス。アルパカの毛色そのままの色はオフホワイトに近い優しい色で、あまり汚れが目立ちません。ウエストはゴムではなくひもで調節するタイプ。ストレートなシルエットですが、股やお尻周りは細番の糸を足して丈夫に、ひざ周りは細めの編み棒でタイトに編むなどぶかぶかに伸びない工夫が凝らされています。股下が75cmと長さがたっぷりとあるので、足元でクシュクシュっと緩ませてはくのがおすすめです。一着あれば冬中寒さ知らずに過ごせそうです。
外にはいていくのはもちろん、部屋着やパジャマのインナーとしても活用可能。敏感な肌の方はこのレギンスの下に、シルクや綿のレギンスを重ねてください。一枚下にはくことで、洗濯の回数も減らせます。

PUENTE(プエンテ)
南米ボリビアとペルーに生息するアルパカの毛を主原料に、地球に優しく、体をあたためてくれる衣類を届けてくれるブランド。できるかぎり機械を使わず、現地に暮らすつくり手の伝統的な手作業を大切に、ひとつひとつ丁寧につくられた作品を日本に届けている。

PUENTE Mano レギンス 股下75cm ホワイト

サイズ:丈約108cm、ウエスト約66cm、前股上約29cm、後股上約31cm、股下約75cm(着用後は横に伸び、縦が縮まります)
材質:アルパカ100%
原産地:ボリビア

この商品のご購入にあたって

自然のままの色の糸で手づくりをしているため、色の濃淡、ムラ、大きさには多少のばらつきがございます。1点ずつ印象が異なりますが、商品特性としてご理解ください。
写真の色は一例です。お選びいただくことはできません。
また、これらの理由による返品、交換にかかる費用はお客様負担となりますので、予めご了承くださいますようお願いいたします。

すれやすい場所は糸を増やして補強をしていますが、摩擦などで、だんだん糸が薄くなっていきます。糸が切れてしまうと伝線してしまうため、薄くなってきたら、糸が切れる前にお直し用に付属している毛糸や、市販の毛糸を使い補強をしていただければ長くお使いいただけます。毛糸用の太い針を使い、編み目の通りに糸を通して補強してください。有料にてお直しもお受けします。

¥19,800
K145-00021

※価格はすべて税別