焼き物のような靴
SHOES LIKE POTTERY &
DOEK SHOE INDUSTORIES

1873年創業の老舗靴メーカー、ムーンスターで
生産される、福岡県・久留米発のスニーカー。
まるで焼き物をつくるような製造方法から
「SHOES LIKE POTTERY」=焼き物みたいな靴
と名づけられました。
最終工程で窯に入れることで
しなやかかつやわらかなソールになり
丈夫で、形もくずれにくくなるのです。
なんでもないデザインのようでいて
随所にこだわりがある
ずっと履きつづけたい定番のスニーカーです。

DOEK SHOE INDUSTORIES

「doek」は日本語のズック靴の語源となったオランダ語。麻や木綿の太い糸で織った布地をさします。伝統的な久留米絣の織機で織ったキャンバス地を使い、あえて主張を削ぎ、流行にとらわれない王道のスタイルを目指しました。中敷きには通気性の良いコルクを採用。本体とソウルを加熱して圧着と成型を同時に行うヴァルカナイズ製法は、手がかかるため国内でも採用する工場が少ないとか。その丹精なものづくりが履きやすく美しいシルエットのスニーカーを生み出します。

MOONSTAR ALWEATHER

老舗シューズメーカー「ムーンスター」が手がける、新しいコンセプトのレインシューズ。

製品について

ソール、およびサイドのゴムテープ部分に凹凸がある場合があります。メーカーより良品として検品・出荷された製品ですので、写真をご参考いただきご了承くださいますようお願いいたします。