取材・文 松本あかね
写真 米谷享

『FLW』デザイナー 大橋利枝子さんに聞く
冬のリネン、コーディネートのアイデアと
着こなしのコツ

—— 2016冬の新作から

冬の新定番、
リネンウールをワードローブの一員に

『FLWエフエルダブリュ』の冬シーズンはリネンウールを使ったアイテムが勢揃い。
「リネン100%とはまた違った、柔らかないい素材。リネン生地特有のハリはない分、“落ち感”が出るんです」、と大橋さん。ドレープやタック、生地の特徴を生かしたデザインに注目です。

「まずはニットの感覚で着てもらうといいかなと思います」。
着てみて驚くのは、ほんわりと肌に沿うような軽さと暖かさ。カットソーやシャツに重ね着するのはもちろん、ニットの上に着たり、コートの下にプラスすればより暖か。
どれもゆったりしたデザインなので、ニットだと体の線がはっきり出るのが気になるという方もぜひ試してみて。新しい冬のアイテムと出会えるかもしれません。

大橋さんのお話でなるほどと思ったことがもう1つ。
「ちょっといいニットを家で着ていると、伸びるような気がしてもったいないなと感じてしまうんです」。
ウールの性質上、袖口のリブがゆるんだり、肘が抜けたり、お尻の部分がすれたりは、長く着るうちに避けられないこと。「だからきっと皆、家でフリースを着るんですね」。

大橋さんがデザインするリネンウール・シリーズは、まさにこの問題をクリアしてくれるアイテム。ご自身も家ではリネンウールのカーディガンを愛用しているそう。「生地が軽いので、重ね着しても着ぶくれしませんし、着心地がよくて動きやすい。ニットを着ていても少し寒くて、もう一枚羽織りたいなというとき便利な一枚です」。

『FLW』を自分らしく着こなすコツ

『FLW』のアイテムは全てワンサイズ展開。9〜11 号サイズの方が着られるよう、一点一点デザインが工夫されています。多くはゆったりした作り。だから、折ったり、まくったり、腰を落として履いたり。そんな微調整で、自分のサイズ感を見つけることが、素敵に着こなすコツといえそうです。
モデルを務めてくださる大橋さんの身長は155㎝、9号サイズになります。

大橋利枝子(おおはしりえこ)

スタイリスト、『FLW』デザイナー
雑誌『オリーブ』を経て、スタイリストとしてさまざまな方面で活躍。2012年より『FLW』のデザインを手がける。『fog linen work』のラインとの違いは、大橋さん自身の着たい服、スタイルのある女性のイメージを追求したシンプルでシックなデザイン。近著のソーイングブック『FLWのソーイングとスタイル リネンでつくる着ごこちのいいおとな服』(文化出版局)が好評。
Facebook
Instagram

「『FLW』の服は普段着としても、お出かけ着としても着られる服を意識してデザインしています。でも実はそこはあまり、分けなくてもいいと思うんですよね。今の自分にしっくりくる一枚であれば、家の中でも、表参道でも(笑)、心地よく自信をもって着られると思います。皆さんにとってそんな一枚が見つかれば嬉しいです」

CHIE JACKET
チエ ジャケット

普段着の上に羽織るだけで、
きちんと見える

「カーディガンみたいな気持ちで着てもらえたら」というボタンなしの丸首ジャケット。「たとえばボーダーでもこれを羽織るときちんとして見える。フォーマルというほどではないけれど、食事へ行くときや参観日にいいんじゃないかなと思います」。
写真では共布のガウチョパンツとセットアップで。「ワンピースと合わせたら、もっときちんとした感じになりますね」。
「下に着るのはブラウス、無地のニットやタートルネックなど、お手持ちのものと合わせてみてください」。袖は短め。「袖からニットやシャツのカフスがのぞいてもかわいい」。

チエ ジャケット(ニュイ)+ ボーダーカットソー(私物)+ アコ ガウチョパンツ(ニュイ)

カーディガン感覚で着られるジャケット

「背中から見たら、ゆったりしているってわかるかも」。身幅が広くてオフショルダー。かっちりしすぎず、着ていて疲れません。

短めの袖はおしゃれの見せどころ

身長160センチ以上の人が着ると七、八分袖くらいに。手首をすっきりと見せてもよし。袖をのぞかせてもよし。

FLW チエ ジャケット ニュイ
サイズ: 着丈58cm、袖丈46cm、胸囲116cm
素材:ウールリネン(リネン40%、ウール38%、 ナイロン22%)
原産国:リトアニア
FLW チエ ジャケット ニュイ 詳細へ

¥15,800(税抜)
K081-00575

ROMI PULLOVER
ロミ プルオーバー

この冬、新しい色に挑戦してみたくなったら

英語で「藤」を意味する「ウィステリア」はFLWの冬の定番カラー。
「着てみると意外と派手な感じはなくて。実はベーシックな色と相性が良いんです」。たとえばグレー、ベージュ、カーキ、ネイビーなど。ここではグレーのスカートを合わせました。
ちなみに今日の大橋さんの私服はこのプルオーバーに紺のパンツ。黒だけは少しコントラストが強すぎるのだとか。ワードローブにベーシックカラーが多い方に、コーディネートの幅を広げる1枚としておすすめです。
袖はドルマンスリーブ。まくると「ちょうちん袖っぽく」、ふんわりします。「こうすると雑誌でよくいう“こなれ感”が出て(笑)、おしゃれっぽくなります」。
サイドのスリットにも注目。「フロントイン、流行っていますよね?」。今日のコーディネートでは、スリットの後ろ部分をインにして前の方は折っています。スリットを境にイン、アウトにするかによって別のデザインのようにも。ぜひ着こなしに生かしてみて。

ロミ プルオーバー(ウィステリア)+ アキ スカート(アシエ)

ドルマンスリーブ→パフスリーブっぽく

スモックのようなゴム入り。袖を格好よく折るのが苦手、という人も、「ゴムが助けてくれるから」、大丈夫。

流行のフロントインも

スリットから前の部分をイン、後ろの部分はアウト。こうして服に新しい表情が生まれます。

ロミ プルオーバー ウィステリア
サイズ:着丈54cm、袖丈54cm、胸囲 112cm
素材:ウールリネン(リネン40%、ウール38%、 ナイロン22%)
原産国:リトアニア
FLW ロミ プルオーバー ウィステリア 詳細へ

¥15,500(税抜)
K081-00566

ロミ プルオーバー ニュイ
サイズ:着丈54cm、袖丈54cm、胸囲 112cm
素材:ウールリネン(リネン40%、ウール38%、 ナイロン22%)
原産国:リトアニア
FLW ロミ プルオーバー ニュイ 詳細へ

¥15,500(税抜)
K081-00577

SATO CARDIGAN
サト カーディガン

グレーは濃い色が引き立て役に

受注会などで、時折“グレー好き“さんに出会うという大橋さん。「お話してみると、いろんな素材でグレーばかり持っているんですって」。実際にそういう方からコーディネートの相談を受けたこともあるのだとか。「白やベージュと合わせてしまうと、ぼんやりした印象になってしまうんですよね。それより濃いめの色を合わせてメリハリをつけることを意識してみてください」。
ここではグレーのカーディガンにチャコールグレーのパンツ、グレーカーキのハーフブーツというグレー尽くしのコーディネートを、焦げ茶色のニットが引き締めています。

サト カーディガン(グリス)+ ニット(私物)+ ユカ テーパードパンツ(グラフィット) 

こげ茶がコーディネートのまとめ役

「茶色はどうかなと合わせてみました」。
こげ茶や紺など、濃色を合わせるのがコツ。

一枚仕立てのショールカラー。ボタンもなし。
「肌寒いなというとき、家の中でさっと羽織って」

9号サイズの大橋さんは袖を一回折ったり、まくったり。

FLW サト カーディガン ニュイ
サイズ:着丈73cm、胸囲112cm、袖丈51cm
材質:ウールリネン(リネン40%、ウール38%、ナイロン22%)
原産国:リトアニア
FLW サト カーディガン ニュイ 詳細へ

¥18,500(税抜)
K081-00576

FLW FLW サト カーディガン グリス
サイズ:着丈73cm、胸囲112cm、袖丈51 cm
材質:ウールリネン(リネン40%、ウール38%、ナイロン22%)
原産国:リトアニア
FLW サト カーディガン グリス 詳細へ

¥18,500(税抜)
K081-00571

MAKI TUCK PANTS
マキ タックパンツ

リネンウールのパンツを
スウェット感覚で

「スウェットパンツみたいな感じでと思って作りました」、というリネンウールのパンツ。テーパード型で腰回りはゆったり。ウエストと裾にゴムが入り、履き心地はまさにスウェットの楽ちんさ。丈は短めなので「背の高い人だとアンクル丈、小柄な人だとくるぶしぐらい」を目安に、腰履きしたり、ウエストを折り返したりして調節を。ハーフブーツと合わせるとすらっとしたシルエット。大橋さんはウエストを1回折って履いています。
コーディネートはレギンス感覚で。「長めのシャツやワンピースと合わせるのが一番コーディネートしやすいかなと思います」。
下にタイツや本物のレギンスを履けば、真冬も暖かにすごせます。

シホ ブラウス(ノアール)+ マキ タックパンツ(ノアール) 

小柄でもすっきり履けるアンクル丈

ウエストのフロントはベルトに。トップスをインしても。

“落ち感”のあるきれいなタックに注目。

裾にゴムが入っているので、ブーツの上でくしゅっと。

FLW マキ タックパンツ ニュイ
サイズ:胴囲フリー、股下61cm
素材:ウールリネン(リネン40%、ウール38%、ナイロン22%)
原産国:リトアニア
FLW マキ タックパンツ ニュイ 詳細へ

¥14,800(税抜)
K081-00578

FLW マキ タックパンツ ノアール
サイズ:胴囲フリー、股下61cm
素材:ウールリネン(リネン40%、ウール38%、ナイロン22%)
原産国:リトアニア
FLW マキ タックパンツ ノアール 詳細へ

¥14,800(税抜)
K081-00579

FLW シホ ブラウス ノアール
サイズ:着丈57cm、バスト108cm、 袖丈41cm、アームホール56cm、 袖口巾43cm
素材:リネン100%(普通地)
原産国:リトアニア
FLW シホ ブラウス ノアール 詳細へ

¥13,800(税抜)
K081-00563

TOMO ROBE COAT
トモ ローブコート

シンプルなコートを凛とまとうには

ちょこっとついた小さな丸襟。シルエットに影響のないサイドポケット。大橋さんのこだわりが随所に光ります。羽織るだけで凛と大人っぽい雰囲気。
前を閉じるとき左右を重ね合わせないのが基本形。「そういうデザインにしています。ガウンみたいに重ねるのとはちょっと違うんですね」。
ベルト紐は固結びにするのが大橋流。「ちょうちょ結びもいいのですが、この方がすっきりして大人っぽい結び方かなと」。おへその上にノットがくるよう意識してキュッ。ハイウエストに結ぶのが正解です。

トモ ローブコート(ニュイ)+ シホ ブラウス(ブルーパール)+ アコ ガウチョパンツ(ニュイ) 

ドレープの表情を楽しんで

中に着ているのは秋の新色「ブルーパール」のシャツ。

キュッと小さめのノットを作って。

結ばないときは、後ろに垂らして。外してしまってもOK。

FLW トモ ローブコート ニュイ
サイズ:着丈102cm、袖丈 57cm、胸囲116 cm
素材:ウールリネン(リネン40%、ウール38%、ナイロン22%)
原産国:リトアニア
FLW トモ ローブコート ニュイ 詳細へ

¥25,800(税抜)
K081-00574

『FLWのソーイングとスタイル リネンでつくる着ごこちのいいおとな服』
(文化出版局)

Aラインのワンピース、リボンブラウス、サルエルパンツ、カシュクールコートなど、リネンの質感を生かし、シルエットにこだわったとっておきの24着を紹介。高橋ヨーコさん撮影のモデルカットもファッションページのようで見どころ。実物大パターン付き。

文化出版局:『FLWのソーイングとスタイル』

《オンラインストア特集》の記事

  • 一年を通して着られるアイテムが多い秋。重ねたり後ろ前に着たり一枚で幾通りもの着こなしができるので、ぜひお得に楽しんで。今っぽい重ね着のポイントやアレンジの効いた着方を大橋さんと探ってみましょう。

  • 女性にとって万能のクールアイテム、リネン。そんな夏のリネンの着こなしをFLWのデザイナー大橋さんに伺いました。オフィシャルでもプライベートでも、涼しい顔でおしゃれに夏を乗りこえるコツとは……?

  • 新しい著書『春夏秋冬、ぎゅっと詰めて 旬弁当』の発売を記念したイベントがくらすことギャラリーにて2017年2月10日から16日にわたって開催されました。今回、イベントに足を運べなかったお客さまのために、たまさんが特別にAtelier Limのジャムや保存食、お気に入りのアイテムをご準備してくださいました。この特集のだけのご紹介になります。是非ご覧ください。

  • くらすことギャラリー初となる器の作品展が開かれました。お招きしたのは石川県加賀市にて作陶される安齋 新+厚子さんの器です。実際にお料理と組み合わさった器の様々な表情や、展示会の様子をご紹介するとともに、一部アイテムがオンラインストアに登場。今回新たにお目見えするシリーズもございます。加賀の季節の移ろいとともに生み出される、軽やかで自由な器をこの機会にぜひご覧ください。

  • FLWの春の新作では、ブルーを中心に5つの新色が登場。今回の大橋さんへのインタビューでは、そんな春の新色を取り入れて、大切なワードローブを生き生きと着こなすヒントを伺いました。

あわせて読みたい記事・おすすめ商品

オンラインストア入荷情報