取材・文 松本あかね
写真 米谷享

『FLW』デザイナー 大橋利枝子さんに聞く
オフィスにもフォーマルにも。
頼りになる夏のリネン。

リネンの季節がやってきました。
ゆったりしたワンピースやワイドパンツの涼しさはひとしお。もはや最近の猛暑に手放せない必需品です。とはいえ、汗ばむ夏でも仕事あり、おつきあいあり。きちんとした服装が必要な場面も。

今回、大橋さんの口から幾度となく漏れたセリフで印象的だったのは、
「暑い日のお仕事もこれ着ていけば……」
「頭使わなくても一枚着ればいいだけだから……」
など、実用的なアドバイスが多かったこと。

そう、クールビズもすっかり浸透しましたが、女性にとって万能のクールアイテムといえばリネンです。大橋さんの着こなしを参考に、オフィシャルでもプライベートでも、涼しい顔でおしゃれに夏を乗り越えましょう。

『FLW』を自分らしく着こなすコツ

『FLW』のアイテムは全てワンサイズ展開。9〜11号サイズの方が着られるよう、一点一点デザインが工夫されています。多くはゆったりした作り。だから、折ったり、まくったり、腰を落として履いたり。そんな微調整で、自分のサイズ感を見つけることが、素敵に着こなすコツといえそうです。
モデルを務めてくださる大橋さんの身長は155㎝、9号サイズになります。

大橋利枝子(おおはしりえこ)

スタイリスト、『FLW』デザイナー
雑誌『オリーブ』を経て、スタイリストとしてさまざまな方面で活躍。2012年より『FLW』のデザインを手がける。『fog linen work』のラインとの違いは、大橋さん自身の着たい服、スタイルのある女性のイメージを追求したシンプルでシックなデザイン。近著のソーイングブック『FLWのソーイングとスタイル リネンでつくる着ごこちのいいおとな服』(文化出版局)が好評。
Facebook
Instagram

「『FLW』の服は普段着としても、お出かけ着としても着られる服を意識してデザインしています。でも実はそこはあまり、分けなくてもいいと思うんですよね。今の自分にしっくりくる一枚であれば、家の中でも、表参道でも(笑)、心地よく自信をもって着られると思います。皆さんにとってそんな一枚が見つかれば嬉しいです」

サホ ブラウス

白麻ブラウスで
クールにオフィスへ

学校の先生みたい! と声の上がったコーディネート。
「襟付きできちんと見えますが、身幅がゆったりして、とにかく涼しいブラウス。夏の通勤着としても役立ててもらえると思います」
小柄な方は裾をイン、大柄な方はアウトするとバランスが取りやすい。
「袖はフレンチスリーブ。普通のフレンチスリーブだとすごく短いでしょう? このくらいあると二の腕もカバーできて、安心だと思います」
後ろボタンで、よく見ると後ろ前でも着られそうなデザイン。スタンダードのようでひとひねり、の塩梅が効いています。

サホ ブラウス(ホワイト) + キサ スカート(ネイビー)

バックスタイルはシャツのよう。貝ボタンがアクセントに。タグを切れば後ろ前でも着られそう!? 

ブラウジングするとこんなにふんわり。腕周りもラクな上、長めのフレンチスリーブで柔らかな印象に。

FLW サホ ブラウス ホワイト
サイズ:着丈62cm、袖丈19cm、胸囲104cm
素材:リネン100%薄地
FLW サホ ブラウス ホワイト 詳細へ

¥13,800(税抜)
K081-00614

FLW サホ ブラウス フロスティブルー
サイズ:着丈62cm、袖丈19cm、胸囲104cm
素材:リネン100%薄地
FLW サホ ブラウス フロスティブルー 詳細へ

¥13,800(税抜)
K081-00613

チセ パンツ

リネン100パーセントのレギンス風

夏のレギンスとして考案したというテーパード型のパンツです。リネンのワイドパンツを愛用している人も多いと思いますが、その涼しさを思えば、レギンスもリネンでというアイデアは大歓迎。
「ワンピースやチュニックの下に履いてみてください」
ここではリネンジャージーのワンピースと合わせ、リラックスした着こなしを。身長155センチの大橋さんの場合、ウエストで一回折って、くるぶしがのぞく丈に調節。足首を見せることで、ゆるいシルエットも引き締まります。

チセ パンツ(ネイビー) + レミ ワンピース(チャコールグレー) + ジュン トップ(ブルーグレー)

ヒールありのサボもすっきり効果に貢献。カジュアルな中に女性らしさも感じられる足元です。

FLW チセ パンツ ネイビー
サイズ:ウエストフリー、股下68cm
素材:リネン100%普通地
FLW チセ パンツ ネイビー 詳細へ

¥10,800(税抜)
K081-00623

FLW チセ パンツ ブラック
サイズ:ウエストフリー、股下68cm
素材:リネン100%普通地
FLW チセ パンツ ブラック 詳細へ

¥10,800(税抜)
K081-00624

キコ ワンピース

カジュアルとフォーマル、
二つの顔

「主婦の方にとって、ワンピースは特別なときに着るものみたい」
展示会で各地を回り、たくさんのお客様とお話するなかで、そんな印象を受けたそう。ちょっと残念そうな表情の理由は、常々ワンピースは「コーディネートを考えなくても一枚着るだけでOKの便利アイテム」と思っているからだとか。
カジュアルに着るならサボのほかスニーカーも似合います。小粒パールのネックレス、ワンストラップシューズを合わせると、 結婚式などフォーマルな場にもふさわしい装いに。2wayで使える頼れる一枚です。

キコ ワンピース(ニュイ) 

流行のバルーン袖。生地の二枚使いでボリュームアップ。袖口を内側に織り込んでふくらみをもたせています。

「ストッキングは薄いグレーがおすすめ」。黒だと重すぎるかも。ヒールのある靴を合わせてみて。

FLW キコ ワンピース ニュイ
サイズ:着丈110cm、袖丈32cm、胸囲108cm
素材:リネン100%薄地
FLW キコ ワンピース ニュイ 詳細へ

¥17,500(税抜)
K081-00617

FLW キコ ワンピース ヴィオリーヌ
サイズ:着丈110cm、袖丈32cm、胸囲108cm
素材:リネン100%薄地
FLW キコ ワンピース ヴィオリーヌ 詳細へ

¥17,500(税抜)
K081-00618

サチ ラップワンピース

おとなの嗜み、夏のアウター

明るいネイビーのワンピースに共布のラップワンピースを重ねました。フロントはカシュクールのように重ねても、ウエストの紐をしぼり、ギャザーを寄せて結んでもよし。
「Tシャツとジーンズに羽織るだけでおしゃれっぽくなるんですよ」。
夏の服はシンプルなデザインが多いので、大人の場合、上に一枚羽織ると品良く見えるものだとか。ノースリーブの上に何か着たいときにも重宝です。ストールカラーをブローチで留めてもまた違う表情に。幾通りもの着方ができて、最後におしゃれの仕上げをしてくれる、便利な夏のアウターです。

サチ ラップワンピース(ブルージターヌ) + リオ ワンピース(ブルージターヌ) 

ウエストの紐をぎゅっとしぼってギャザーを作ると、ボリュームが出て、裾がひらひら。

フロントを重ねず結んで、リラックスした着こなし。気になる二の腕も隠してくれる袖丈です。

シルバーの安全ピンで留めると、きちんとした印象に。デコルテを出したくないときはこの方法で。

FLW サチ ラップワンピース ブルージターヌ
サイズ:着丈110cm、袖丈14cm、胸囲128cm
素材:リネン100%薄地
FLW サチ ラップワンピース ブルージターヌ 詳細へ

¥19,800(税抜)
K081-00616

FLW サチ ラップワンピース アルバートル
サイズ:着丈110cm、袖丈14cm、胸囲128cm
素材:リネン100%薄地
FLW サチ ラップワンピース アルバートル 詳細へ

¥19,800(税抜)
K081-00615

『FLWのソーイングとスタイル リネンでつくる着ごこちのいいおとな服』
(文化出版局)

Aラインのワンピース、リボンブラウス、サルエルパンツ、カシュクールコートなど、リネンの質感を生かし、シルエットにこだわったとっておきの24着を紹介。高橋ヨーコさん撮影のモデルカットもファッションページのようで見どころ。実物大パターン付き。

文化出版局:『FLWのソーイングとスタイル』

《オンラインストア特集》の記事

  • 女性にとって万能のクールアイテム、リネン。そんな夏のリネンの着こなしをFLWのデザイナー大橋さんに伺いました。オフィシャルでもプライベートでも、涼しい顔でおしゃれに夏を乗りこえるコツとは……?

  • 新しい著書『春夏秋冬、ぎゅっと詰めて 旬弁当』の発売を記念したイベントがくらすことギャラリーにて2017年2月10日から16日にわたって開催されました。今回、イベントに足を運べなかったお客さまのために、たまさんが特別にAtelier Limのジャムや保存食、お気に入りのアイテムをご準備してくださいました。この特集のだけのご紹介になります。是非ご覧ください。

  • くらすことギャラリー初となる器の作品展が開かれました。お招きしたのは石川県加賀市にて作陶される安齋 新+厚子さんの器です。実際にお料理と組み合わさった器の様々な表情や、展示会の様子をご紹介するとともに、一部アイテムがオンラインストアに登場。今回新たにお目見えするシリーズもございます。加賀の季節の移ろいとともに生み出される、軽やかで自由な器をこの機会にぜひご覧ください。

  • FLWの春の新作では、ブルーを中心に5つの新色が登場。今回の大橋さんへのインタビューでは、そんな春の新色を取り入れて、大切なワードローブを生き生きと着こなすヒントを伺いました。

  • 「ニットの感覚で着てもらたい」という冬のリネンとしてFLWが提案するリネンウール。冬の新しい定番としてワードローブの一員に加えてみませんか?

あわせて読みたい記事・おすすめ商品

オンラインストア入荷情報