山口 和宏 バターナイフ(山桜)

一度使うと手放せない

山口和宏さんがつくる、山桜の木目の美しいバターナイフ。適度な薄さとサイズ感が手に馴染み、一度使うと手放せません。長くお使いいだけるコツは、使用後すぐに洗い、しっかりと乾かすこと。長く愛用して、木特有の経年変化も楽しんでくださいね。

山口 和宏

1956年生まれ。
高校卒業後、いくつかの職を経て、家具工房に勤める。1986年に30歳で浮羽町の山中で家具製作をはじめる。1995年、工房と住居を吉井町にかまえ、トレーやカッティングボード等の木工品をつくりはじめる。現在は、娘の夫と二人で木の道具や家具をつくっている。展示会などの情報はウェブサイトより。
mokkousyo.jp

山口 和宏 バターナイフ(山桜)

素材:山桜
約 長さ14.7cm×幅2.2cm

この商品のご購入にあたって

※ひとつひとつ手づくりのため、サイズ、形、色が若干異なることがございます。記載サイズは目安となりますので、ご了承くださいますようお願いいたします。
※食洗機や乾燥機、電子レンジなどは、割れたり変形することがございますので、
ご使用をお控えください。また変色の原因となりますので、長い間直射日光をあてることはお控えください。

¥1,400
K205-00009

※価格はすべて税別