子ども・子育て・教育

ウェブマガジンへ

〜コミュニケーション力が育つ、考える力がつく〜学習塾のボードゲームタイムから 福岡市内のとある学習塾では毎回クラスの最後に「ボードゲームタイム」があります。なぜ学習塾でボードゲームを?  その答えは「遊び」と「考える力」の深い相関関係。教室を主宰する滝大夢先生にお話を伺います
2018/7/17
内田真美さん/「子ども天国」台湾が教えてくれたこと、お母さんへのやさしさを取り戻すために、日本で今すぐできること③ 旅友達との間で「台湾伝説」と呼ぶ、台湾の人たちの子どもとお母さんへのやさしさエピソード。ここ日本でも、「伝説」が生まれる可能性はあるのでしょうか。私たちができることは何でしょうか。
2016/7/31
内田真美さん/「子ども天国」台湾が教えてくれたこと、お母さんへのやさしさを取り戻すために、日本で今すぐできること② ご自身が娘さんと幾度も訪ねた経験をもとに「私的台湾食記帖」を上梓した料理家・内田真美さんに伺う、台湾への子連れ旅と、日本の親子を取り巻く環境に対して、今すぐにできることについてのお話。第二回は旅の組み立て方と台湾の食事情について。
2016/7/19
内田真美さん/「子ども天国」台湾が教えてくれたこと、お母さんへのやさしさを取り戻すために、日本で今すぐできること① 子連れは移動さえ大変だけれど、それでも台湾への子連れ旅行をオススメする理由がある。ひと昔前の日本もそうであった、子どもは世の宝、かわいがるべき存在としていまもある台湾の街。そんなやさしさ溢れる社会とは?
2016/7/15
アーユルヴェーダが教えてくれる新しい親子関係(7) 〜わたしと子どものドーシャを調和する 最終回は、親子関係の「調和」の方法。 自分も子どもも押さえつけるのでなく違いを認めることで新しい視点が生まれます。
2015/9/1
アーユルヴェーダが教えてくれる新しい親子関係(6) 〜わたしと子どもの関係をドーシャから紐解く さあ、いよいよ親子の関係をドーシャ理論をもとに読み解いていきます。わが子の行動を「わからないな」と思ったことがある人必読。
2015/8/30
アーユルヴェーダが教えてくれる新しい親子関係(5) 〜子どものドーシャを調和する 「ありのまま」といっても、癇癪や大泣きなど、ときに心配になるのが親心。「いつもより調子が悪そう」と思ったらこんなふうに考えてみて下さい。
2015/8/22
アーユルヴェーダが教えてくれる新しい親子関係(4) 〜子どものドーシャを知る 「わたし」を知ったら、次は「子ども」のことを。 生まれ持った体質や個性について、アーユルヴェーダの視点で見つめ直してみましょう。
2015/8/21
アーユルヴェーダが教えてくれる新しい親子関係(3) 〜子どもだったころの私を知る 子どものとき、苦手だったものは何ですか?幼いころを振り返ることで、本来の自分の姿、子どもへの眼差しが変わります。
2015/8/16
アーユルヴェーダが教えてくれる新しい親子関係(2) 〜現在のわたしのドーシャを知る 「わたしってどんなママ?」そんな問いが、日常のあり方や子どもとの関係を見直すヒントに。
2015/8/15
アーユルヴェーダが教えてくれる新しい親子関係(1) 〜わたしを知る 親子関係も、人間関係のひとつ。インド古代の智慧アーユルヴェーダの視点からゆたかな親子関係を見つけていきましょう。
2015/8/14
セトキョウコさんに教わる、赤ちゃんのお弁当 その3 料理家のセトキョウコさんに離乳食のお弁当の作り方を教えていただく3回め。最終回は、後期の赤ちゃん向けレシピとセトさんのお話です。
2015/5/4
セトキョウコさんに教わる、赤ちゃんのお弁当 その2 料理家のセトキョウコさんに教わる、離乳食のお弁当の作り方。第2回は、7〜8ヶ月の離乳食中期の赤ちゃんのお弁当をお届けします。
2015/4/1
セトキョウコさんに教わる、赤ちゃんのお弁当 その1 離乳食の始まりは、赤ちゃんのお弁当の始まり。お出かけの際に、手作りの瓶詰めベビーフードを作っていたという料理家のセトキョウコさんに、作り方とお話を伺いました。
2015/3/11
鈴木潤さんインタビュー 絵本は与えるものではなく、一緒に楽しむもの。教育の一環だなんて思わなくていいんです。
2014/4/5
鈴木潤さんのブックトーク「絵本とくらして20年」 なぜ子どもに絵本を読んでほしいかというと、一番の理由は、物語を共有したいからなんです。
2014/3/21
子どもの本専門店メリーゴーランド京都 鈴木潤さんのブックトーク 子どもの本専門店メリーゴーランド京都店の店長・鈴木潤さんによるブックトークとインタビュー。
2014/3/21
どんぐり倶楽部・糸山泰造さんインタビュー その3 だって、100%思考力がつくんですから。ロイヤリティゼロなのは、学校で使われてほしいからです。
2014/3/9
どんぐり倶楽部・糸山泰造さんインタビュー その2 絵で説明すると子どもはわかるんです。頭は言葉では考えていない。絵を扱っているからなんです。
2014/3/9
どんぐり倶楽部・糸山泰造さんインタビュー その1 多いのはシュタイナーとモンテッソーリ系。小学校で転換がわからず、たどり着くのが多いんです。
2014/3/9