くらすことの本」より
目に見えない「気」の世界に気づく
自分のものさしを作るレッスン

心地がいい、何だか違和感がする。
「気」の世界に気づくはじまりは、そんな小さな感覚。
まずは、自分の内側に耳をすましてみませんか?

身体感覚研究者である、松田恵美子先生に教わります。

※「くらすことの本」48〜54ページに掲載されている内容をウェブマガジンとして公開しています。

わたしたちの日常生活の中で、「気」というものは、様々な場面に溶け込んでいます。

まず日本の文化として、茶道や武道などの道の世界に、型として身体技法が残っています。
例えば、お客様にお茶をお出しするときに、ちょうどいい距離、場所というのがありますよね。
焼き魚は、必ず左に頭を置く。右に置かれると、なんだか気持ちが悪い。
それは地球の磁場と関係する壮大な話で、証明はできないけれど、日本の国が東から太陽がのぼり西に沈む。日本が北半球にあり、左が先というのが、エネルギーレベルの感覚で体に染み込んでいて、それが作法として残っているのだと思います。

日常生活でいうと、例えばいつもはおいしく飲める珈琲が、今日は少ししか飲めないなんてとき。
それは体の自然が、意識以外のところで判断していたりする。

気の通い合いということで言えば、かかってきた電話が誰からなのかがわかったり、今日は子どもの帰りが遅くなるんじゃないかと、ふっと感じたり。
第六感とも言いますが、そんな絶対的な確信ではないけれど、何となくそう思うということ。
こっちが心地いいなとか、なんとなく気持ちが悪いとか、そんな小さな感覚ですが、自分にとってはとても大きな判断に無意識になっていることもあります。

それらに自覚的になっていくうちに、自分のこの感覚は信じられる、認められるというように変わってくる。

物事の判断をするとき、周りからの情報や知識が、全ての拠りどころになってしまいがちな現代人にとって、自分の無意識レベルの判断が、ひとつのものさしになればいいなと思います。

(写真 白木 世志一

●   ▲   ■

教えてくれた人

松田 恵美子 先生

身体感覚教育研究者。日々の動作や日本文化における型などを感覚からひもとき、日常生活に活かせる知恵や技として活用することで、自分の身体を自分で育む姿勢を指導。大学院大学至善館客員教授。 著書に『身体感覚を磨く12カ月』 (ちくま文庫) など。