PUENTE Rueca 手紡ぎ靴下 杢ブラウン

プエンテの手紡ぎ靴下の杢ブラウン。グレーとブラウンのアルパカの親からこの色の毛をした子が生まれる確率は低く、原毛を見つけるのには苦労するほど、大変希少価値がある色です。そのため、見つかったら色に差があっても、グレーとブラウンの色がミックスされていれば、杢ブラウンの糸として使用します。この色は特に個体差がでますが、2色が混じった色なので、グレー系の服にもブラウン系の服にも合う色となっています。
かかとからつま先までの足の裏部分とつま先周りは、強めに撚ったアルパカの糸2本とコットン1本の合計3本を使って編むなど、摩耗しやすい部分への配慮もなされていて、秋冬の寒い室内用としてはもちろん、厚みを考慮してシューズを選べば外にもはいていけます。はき口にゴムが入っていない為、しめつけがなくゆったりしたはき心地ですが、若干伸びてゆるくなってしまうことも。その場合は洗濯すると、ある程度改善されます。

PUENTE(プエンテ)
南米ボリビアとペルーに生息するアルパカの毛を主原料に、地球に優しく、体をあたためてくれる衣類を届けてくれるブランド。できるかぎり機械を使わず、現地に暮らすつくり手の伝統的な手作業を大切に、ひとつひとつ丁寧につくられた作品を日本に届けている。

PUENTE Rueca 手紡ぎ靴下 杢ブラウン

サイズ:23.5〜24.5cm(かかとから上約16.5cm)、25〜26cm(かかとから上約19cm)
材質:アルパカ77%、コットン23%
原産地:ペルー

この商品のご購入にあたって

自然のままの色の糸で手づくりをしているため、色の濃淡、ムラ、大きさには多少のばらつきがございます。1点ずつ印象が異なりますが、商品特性としてご理解ください。
写真の色は一例です。お選びいただくことはできません。
また、これらの理由による返品、交換にかかる費用はお客様負担となりますので、予めご了承くださいますようお願いいたします。
すれやすい場所は糸を増やして補強をしていますが、摩擦などで、だんだん糸が薄くなっていきます。糸が切れてしまうと伝線してしまうため、薄くなってきたら、糸が切れる前にお直し用に付属している毛糸や、市販の毛糸を使い補強をしていただければ長くお使いいただけます。毛糸用の太い針を使い、編み目の通りに糸を通して補強してください。有料にてお直しもお受けします。
一体一体固有の色で、同じ色の毛はありませんので、補強用の付属糸をお直しのために保管していただくことをおすすめします。

Photo:Fuminari Yoshitsugu
Text:Yoshiko Uchiyama

23.5〜24.5cm
¥5,800
K145-00009
25〜26cm
¥6,100
K145-00002

※価格はすべて税別