惑星のかぞえかた 「朝を待つ」

眠りながら聴きたい、おとなの子守唄

凛とまっすぐに伸びる声とギターの音色が魅力の「惑星のかぞえかた」のファーストアルバム。
60’s〜70’sにもつながるフォークミュージックに、バランス良くちりばめられた現代的センスと自由なアレンジ。グループ名にも現れている、柔らかなユーモアと親しみやすさを携えた楽曲群。今作ではベース、ドラム、マリンバ、ヴィブラフォン、クラリネットが加わり、その世界観をより力強いものにしています。

惑星のかぞえかた
石坂智子のソロプロジェクト。
2010年に石坂智子(ヴォーカル/ギター)と宮里啓吾(ギター)で活動開始。都内を中心に活動。アルバム「朝を待つ」(2014)、ミニアルバム「separate」(2014)をリリース。自身の楽曲制作のほか、映画・映像の楽曲提供や、朗読、ナレーション等も行なっている。

惑星のかぞえかた に角すい 九州3日間ツアー
をかしなナイトマーケット & アコースティックライブ

惑星のかぞえかた 「朝を待つ」

アーティスト:惑星のかぞえかた
フォーマット:CD(ディスク1枚

<曲目リスト>
1. 午前中の時間割 2. 嵐が丘 3. 杞憂 4. ふね
5. 飛翔 6. 朝日のありか 7. 少年少女

¥1,600
K250-00001

※価格はすべて税別