高橋鍛冶屋 栗の皮むき

お気に入りの道具と一緒に、季節を味わう

秋になるとお店に並ぶツヤツヤの栗。
新鮮な栗をむいて手作りした、渋皮煮や栗ごはんのおいしさは格別ですよね!
でも、「皮むきが面倒だし、指も痛くなるし・・・」と断念してしまう方も多いのではないでしょうか。
そんな方を手助けしてくれる道具が届きました。島根県出雲市で四代続く鍛冶屋さん、高橋鍛冶屋の栗の皮むきです。

上下についた刃を使い分けることで、鬼皮がきれいにむける優れもの。紐が巻かれているので握りやすく、渋皮を傷つけにくい刃の構造なので、美しく仕上げたい渋皮煮にも最適です。
一つ一つ手作りなので、手しごとの跡を感じる無骨さ、道具としての佇まいも魅力的。お料理が好きなお母さんやお友だちへのプレゼントにもおすすめです。

栗の季節を存分に楽しんでいただける、心強い相棒になりますよ。

[1] M字型の刃(A)を栗に押しあてて、引っかけるようにして最初の皮をむきます。

[2] 尖った方の刃(B)を、先端のカーブが上に向くようにして握り、刃先を[1]で開けたすき間に差し込みます。

[3] (B)の刃先の部分に親指をあてて、手前に折り返して、鬼皮をむいていきます。刃が少し上を向いているので、渋皮を傷つけずにむくことができます。

高橋鍛冶屋 栗の皮むき

制作: 高橋鍛冶屋(島根県)
サイズ: 全長約14㎝、幅約1.5cm
重さ: 約25g

この商品のご購入にあたって

<お手入れ方法>
サビ防止のため、ご使用後は水気をしっかり拭き取って安全な場所に収納してください。
紐部分が濡れると、乾きにくくサビの原因となります。できるだけ濡らさないようにしてください。
保管状況によってサビがでる場合があります。気になる場合はヤスリなどで落としてください。

¥1,300
K247-00003

※価格はすべて税別