LIGHT YEARS ヴィンテージキルト(No.3939)

両面が全く異なる雰囲気の一枚

インド北部、東部、西武で遊牧民であった女性の手仕事によって作られたヴィンテージキルト。ファブリックを層に重ねて、一刺し一刺し運針し縫い合わせて完成した刺し子は、その当時の女性たちの手仕事風景を彷彿させるほど手跡のしっかり残る一点物のテキスタイルワーク。

ベッドカバーやソファカバーに、または強度もあるのでラグとしてもお使いいただけ、冬にはホットカーペットの上に敷いても。色味の違うキルトを数枚ずらして、床に敷き詰めるのもおしゃれ!両面が異なるデザインで、色味もデザインも全く違うので、季節によって裏返して部屋の雰囲気を変えるのもいいですね。

ファブリックの擦り切れた感じなど、その一つひとつが味となり美しい個性に。

No. 3939は、白っぽいファブリックをベースに、パステル調のピンクやグリーン、パープルがアクセントカラーとなってかわいらしい印象。反対面はパープルベースに、白糸、赤糸がリズムよく走る針仕事がアクセントになっています。両面が全く異なる雰囲気を持つ一枚です。

LIGHT YEARS ヴィンテージキルト(No.3939)

サイズ:約114cm×156cm
素材:コットン100%

この商品のご購入にあたって

※こちらはヴィンテージアイテムのため、継ぎや汚れ、ほつれや破れ、布の弱り等があります。予めご了承ください。ご理解の上、ご検討いただけますようお願いいたします。

¥28,000
K256-00010

※価格はすべて税別