gicipi

素材の良さ、肌触りや着心地で選ぶなら
イタリアにある歴史ある工場の“まじめなカットソー”

gicipi

“化学繊維はつかわない”
ゆるがない“gicipi”(ジチピ)のこだわりは、時代を経た今でもしっかりと受け継がれています。
70年前と同じなのは、カットソーを産み出す年代物の機械たちもそう。
工場の一日のはじまりも、型紙作製から最後の仕上げまで一貫工場なのもそう。

古くからイタリアで続く肌着ブランドが産み出すカットソーは、一度触るとみんなが恋に落ちるほどうっとりする、天然素材だからこその肌触り。
形ちがい、色ちがいで何枚も欲しくなるほど。
ベーシックなアイテムほど、素材の良さや肌触りや着心地で選びたい。
遠く離れた歴史ある工場で、今日も寡黙に実直に作られる、“まじめなカットソー”の良さを体感ください。

Photo:Haruki Anami