kiko+

kiko+(キコ)は、ブランドプロデューサー・Kaz Shiomiを中心に、プロダクトデザイナーとのコラボレーションで、ビビットな色使いと楽しいカタチの木のおもちゃをプロデュースしているブランド。

kiko+のおもちゃは、木や森の環境を維持できるよう管理・認定する国際的森林管理協議会(FSC )の認定を受けた木材を使用し、世界最大規模の標準化団体「ASTM」や、ヨーロッパの安全基準「CE EN71」など、世界的な玩具安全基準をクリアしています。かわいいだけではなく、安心して子どもに遊ばせてあげられるブランド。

そんなkiko+のロゴは、よく見ると一文字ずつ違うフォントを使用しています。それは、世界にはたくさんの人種の子どもがいて、言葉も文化もそれぞれ違うということを表すため。ふたつの“k”の文字は前を向いて前進しているような形になっています。また“ki”には「木」「kids」の意味が、“ko”には「子」の意味が、それぞれ込められています。kiko+の“+”にはふたつの意味があり、kiko+のおもちゃを一緒に作り上げてくれた人たちへの感謝の気持ちと、代々引き継がれていくブランドになりますように…という思いが込められています。現代の子どもたちにはもちろん、未来の子どもたちへも、いつの時代も大切に楽しんで遊んでもらえる玩具です。