普段の家庭の料理こそが一番と感じてもらえるように

「あたらしい日常料理 ふじわら」の
おいしいびん詰め

特別な日の料理ではなく、
毎日食べる家庭のごはんこそ大事にしたい。

そんな思いで料理に携わってきたという「あたらしい日常料理 ふじわら」の藤原奈緒さん。この瓶詰めを使うことでごはん作りが少しでも楽になったり、ひとさじプラスすることで、普段のごはんの幅が広がる。

そんな毎日、家でごはんをつくるひと、そして食卓を囲むしあわせ顔を思い浮かべ、今日も藤原さんは瓶詰めを作ります。たくさんの食卓に、届きますように。

「あたらしい日常料理 ふじわら」のびん詰め

「普段の家ごはんをより手軽に、そしておいしくしたい」という思いから、料理家の藤原奈緒さんが手がける調味料のシリーズ。和えたりかけたりするだけで、いつもの料理の幅がぐんと広がるような、そんな調味料が揃います。JR中央線、東小金井駅高架下のアトリエテンポの一角には、アトリエ兼食堂も営業されています。

Photo:Haruki Anami

くらすことのカフェスタッフが作ってみました!

「あたらしい日常料理 ふじわら」の
おいしいびん詰めを使った、
普段のごはんの提案

これに合わせたらきっとおいしい!と思う、おうどんや炒め物など、冷蔵庫にいつもある材料で作れる「ふつうのごはん」にひと味プラスしてみました。

料理:程塚裕子(料理家/くらすこと)

 1. 

あたらしい日常料理 ふじわら

にんにくえび塩をつかって

◎ 里芋のから揚げ

  1. 皮を剥いた里芋を柔らかくなる迄、茹でる。
  2. 1に片栗粉をまぶして揚げ、にんにくえび塩をかける。

◎ トマトと卵の炒め物

  1. トマトを湯剥きし、串切りにする。長ネギは適度な長さに切っておく。
  2. 卵は、塩胡椒少々を加えて混ぜ、多めの油でかき混ぜながら炒め、一旦取り出す。
  3. 1を2のフライパンでさっと炒め、炒めた卵を戻し和え、皿に盛り、えび塩をふる。

● ▲ ■

食欲をそそる香り、たっぷりの旨み、楽しい食感が絶妙な万能スパイスあたらしい日常料理 ふじわら
にんにくえび塩
(大)¥1,250
(小)¥850

 2. 

あたらしい日常料理 ふじわら

パクチーレモンオイルをつかって

◎ 柿とモツァレラチーズ

  1. 完熟柿と干し柿、モツァレラチーズをお好みの大きさに切り分け、お皿に盛り付ける。
  2. パクチーレモンオイルとお好みで黒胡椒も散らす。

◎ 焼き豆腐とたたき胡瓜、ラディッシュの和え物

  1. しっかりと水切りをした木綿豆腐を、厚さ1㎝程度に切り、オリーブオイルを引いたフライパンで両面を焼く。
  2. 胡瓜はたたき、適度な大きさに切り分け、塩をし、しんなりとしたら水気を取る。
  3. 1、2とパクチーレモンを和える。

● ▲ ■

ちょい足しするだけで味がレベルアップする、おしゃれ味の万能オイルあたらしい日常料理 ふじわら
パクチーレモンオイル
(大)¥1,200
(小)¥800

 3. 

あたらしい日常料理 ふじわら

おいしい唐辛子をつかって

◎ 大根とほうれん草のナムル

  1. 大根とほうれん草はそれぞれ適度に切り、塩を加えた湯で茹で、水気を取る。
  2. 1が温かいうちに、きび糖、塩、すりおろしにんにく少々とおいしい唐辛子を加えて和える。

◎ 焼ききつね揚げのかけうどん

  1. 味付き油揚げ(いなりすし用)の水気を取り、適度にきざみ、フライパンでじっくりと焼く。
  2. 器にうどん、めんつゆを入れ、1のお揚げや細葱を盛り、おいしい唐辛子をかける。

● ▲ ■

ただ辛いだけじゃない!旨味や甘味も味わえる唐辛子あたらしい日常料理 ふじわら
おいしい唐辛子
(大)¥1,200
(小)¥800

 4. 

あたらしい日常料理 ふじわら

カレーのもと

たっぷりと使われた新鮮な高知県産生姜が香る、食欲そそる「カレーのもと」。定番のシンプルなカレーを作るもよし、じゃがいもやえび等々、炒め物や蒸し物にひとさじ加えるだけで、ちょっとスパイスの効いたカレー味の一品にも。さまざまに料理のバリエーションを増やしてくれる、おすすめの万能調味料です。

● ▲ ■

カレーはもちろん、炒め物や、マリネに加えてカレー味のひと品にあたらしい日常料理 ふじわら
カレーのもと¥1,350
あたらしい日常料理  ふじわらさんのサイトでも、たくさんの瓶詰めを使ったレシピをご紹介されています。
こちらもあわせてどうぞ。

あたらしい日常料理 ふじわらのびん詰めレシピ