アートと生活の間にあるうつわ
Satoko Sai + Tomoko Kurahara

器だけれども、その佇まいや背景に焦点を当てると、たちまちアート作品に。
Satoko Sai + Tomoko Kuraharaが創り出す、そのユニークな世界観が投影されたうつわは、
テーマ、釉薬、土など、ひとつひとつのこだわりと偶然が調和したような、唯一無二のものばかり。

「物語性を感じるものや、日常のなかに非日常の要素を入れることを目指したい」
2人のコンセプトを感じるうつわのある毎日は、
わたしたちの人生をより豊かに、心をより満ち足りたものにしてくれます。

Satoko Sai + Tomoko Kurahara (サトコサイ プラス トモコクラハラ)
崔聡子と蔵原智子による陶芸作家ユニット。ともに多摩美術大学工芸学科にて陶を専攻し、2002年卒業と同時に共同制作を開始。その後、崔は韓国へ留学、蔵原はフィンランドへ留学。距離を隔てた活動期間を経て、2006年滋賀県信楽陶芸の森アーティスト・イン・レジデンスプログラムに参加。同年より東京にアトリエを構え拠点としている。東京に暮らす75歳以上の男女6組8名の方々にインタビューを行い、2020年、東京でInner landscapesの展覧会を開催予定。

Photo:Haruki Anami, Ikuko Takahashi

yellows

一年毎にテーマを変えて、一年限定で作り続けるシリーズ「イヤーズプレート」。今年は「yellows」と題して、抽象的なモチーフを描いた上から、飴釉と黄釉の2種類の釉薬を重ねかけた黄色のプレート。裏面に年号が入るので、毎年コレクションしたり、ご結婚祝いやご出産祝いにも喜ばれます。

taffy

土に色を練りこみ、3色の土を密着させてブロックを作り、金太郎飴のように裁断して、石膏型にのせて成形する「taffy」シリーズ。焼き菓子や和菓子はもちろん、ソープディッシュやアクセサリーディッシュとしても。ボックス付きなので、プレゼントにもぴったり。

borderland cup

色釉と白釉の2種類の釉薬の重ねがけによる表情が特徴的な磁器のカップ「borderland cup」。氷と水の間、冬と春の間、夜と朝の間など、何かと何かの間に漂うどちらでもない光や時間が漂う場所をイメージして作られました。