夏になると出てくる不調の数々、冷えが原因かも?

夏の冷えとり、基本の養生法

今年は梅雨も短く、本格的な暑い夏がいつもより早めに到来!
「からだの不調がでやすい、苦手な夏が今年は長い…」
これからしばらく続く暑い季節を不安に感じている人も多いのではないでしょうか?

– 寝ても疲れがとれず朝からからだがダルイ
– 頭痛やめまいがおきやすい
– 胃腸機能が衰えていて食欲がない
– イライラする、・・・などの夏の心身の不調。
その原因は、「冷え」であることが多いと言われています。

不調はあるけど、暑いし、体も熱っているから自分は冷えとは無縁だと思っている人は要注意です!お腹やおしりを手のひらで触れてみて。手足はそんなに冷たさを感じないのに、お腹やおしりはひんやり冷たいと感じる人いませんか?

それは腸、膀胱、子宮、卵巣など大切な臓器が集まっている骨盤の中が冷えているサインかも。臓器が冷えると働きが衰え、消化不良や便秘・下痢などの不調を引き起こします。

からだが熱って汗ばんでいるから、冷房のきいたお部屋でアイスコーヒー、冷えたビール、アイスクリームを飲んだり食べたりしてクールダウンさせるという人もご用心!

この体感温度差が大きいと、自律神経の働きやホルモンバランスが乱れて、血液の循環が悪くなりダルさ、頭痛、肩こり、めまい、不眠、免疫力の低下、イライラなどの不調をまねきます。

冷房で手足が冷える方はもちろん、夏になると不調が続くという方、ご紹介する冷えとり養生法を参考に、不調知らずの夏をお過ごしください!