整体覚書 道順/川﨑智子

心とからだに自分で取り組みたい人へ

自らの体調不良をきっかけに整体の祖といわれる野口整体と出会い、指導活動を続けてきた川﨑智子さん。独学で整体を学びはじめた最初の三年間、その奥深い整体の道を進んでいく過程での体感や気づきを綴った「整体覚書 道順(どうじゅん)」。自分のからだを客観的に観察し、はたらきかけては反応を見て、その繰り返しで身につけてきた整体説法のエッセンスが凝縮されています。

道具として使われるからだから、自ら世界へ働きかけるためのからだへ。
「リズムでの体創り」「老化は学び」「人間にとって感覚器の安定は、歩くことにある」「何かを押しつけられたら、まずは諦めよう」「飽きたらすぐやめること」・・こういう風にからだのことを考えたことがなかった!というキーワードがたくさん。整体の根っこにある考え方を説く、手引き書のような1冊です。

川﨑 智子(かわさき・ともこ)
1970年宮崎県生まれ。不調をきっかけに出会った野口整体により体の全感覚が一致した自覚が生まれ、自由になる。気を独学。2005年より整体活動開始。整体指導者として「と整体」を主宰。野口整体にまつわる対話集『整体対話読本 ある』を土曜社より刊行。

目次
はじめに

才を育てよう
躾と個人
学ぶ条件に気づくこと
東西南北を考え方に
誰にとっての技術か
整体操法とは何か
能の能としての力
技術は道具である
卵が先か鶏が先か
不自由を知る
使い方を覚える
恒常性を観る
リズム

重力の遊び
間接作用の道具化
自歩と行動力
休息と休養
心と体の境界線
全ては体から出発している
むすんでひらいて、開いて結ぶ
自己観察のすすめ
運動の痕跡
単純化の中身
体理は倫理
技術の限界
経験より、気軽さを
終わる、終わらせる
抵抗という魔法
沈黙は感覚神経の声
諦観と無理
独りの人を観続けること
関係性と生き物
型の工夫と形無しから見えること
落ち着きは空間感覚
礼を尽くす間柄
哺乳類と遊ぶ
植物と出会う
動線を追跡し、その先にあるもの
私は、水を、飲む
うごく、ひとから、じりつするひとへ
生命の働きの妙
自分の中に生きる人
終わりに

あとがき

整体覚書 道順/川﨑智子

著者:川﨑智子
出版社:土曜社
ページ数:56ページ

整体対話読本 ある
からだを考えることは、生きるを考えること。「読んでるだけで効果がある!?」と話題の一冊
整体対話読本 ある
¥2,035
くらすことの本 「ありのままのわたし」を生きる
くらすことが発行する2冊目の本ができました!
くらすことの本 「ありのままのわたし」を生きる
¥1,691
風邪の効用/野口晴哉
風邪をひくのが少し楽しみに
風邪の効用/野口晴哉
¥660
叱り方 褒め方 / 野口晴哉
一度は悩む叱り方、褒め方の指南書
叱り方 褒め方 / 野口晴哉
¥1,870
育児の本/野口晴哉
妊娠したらすぐに一読したい一冊
育児の本/野口晴哉
¥1,870
からだとこころを整える
すこやかにわたしらしく暮らすためのセルフケア集
からだとこころを整える
¥1,540