白竹 手付き弁当かご

おにぎりだけでも美味しそうに見せてくれる、竹のお弁当箱

竹大国と言われるほど、竹林保有面積が広い鹿児島県で作られた白竹のかご。青竹を天日干しし、煮沸して油分と色味を抜いて白竹にしてから、ヒゴにして丁寧に組み上げます。本体の材を白竹にし、留め具にブラスを使用することで、手跡を感じる民芸調のかごをよりスタイリッシュな見た目に。整然としたきれいな組み目、カチッと音がするぐらいしっかりと閉まる蓋など、完成度が高く、一生物として大事に育てていきたい逸品。
小サイズは2人分、中サイズは2〜3人分程度の弁当かごです。小サイズはあまり高さのないものをぎゅっと詰める時に、中サイズは深型で高さのあるものを詰める時にちょうど良い形です。シンプルなお弁当の具材でも、絶対美味しそうに見せてくれるお弁当箱です。

白竹 手付き弁当かご

サイズ:
(一段手付き弁当かご 中)横25cm × 奥行き19cm × 高さ14cm
(二段手付き弁当かご(長型)小)横20cm × 奥行き14cm × 高さ17cm
素材:竹
製造地:鹿児島県

Photo:Haruki Anami

一段手付き弁当かご 中
¥17,000
K243-00001
二段手付き弁当かご(長型)小
¥17,000
K243-00002

※価格はすべて税別