志津刃物製作所の包丁 ゆり

機能もデザインも「こんな包丁がほしい!」を詰め込んだ
女性の声を反映させて作った包丁

志津刃物製作所の包丁 ゆり

素材を切ったり、細かく刻んだり、皮を剥いたり。
毎日のごはん作りのすべり出しがうまくいくかどうかは、包丁にかかっている!といっても過言ではありません。料理の仕上がりにもモチベーションにも関わる、重要な道具です。

包丁を選ぶときにチェックすべきポイントはいろいろありますが、毎日使う包丁なら、よく切れて、お手入れが楽で気軽に使えるもの、手に持ちやすいもの。欲を言えば、デザインや佇まいも気に入るものがいい。

そんな、日々台所に立つ女性たちの心の声を代弁するように作られたのが、世界的にも有名な刃物の産地である岐阜県関市で製造を行なっている志津刃物製作所の女性社員が考えた、女性のための包丁「ゆり」シリーズ。

刃を薄く仕上げているため小さい力で切ることができたり、木のハンドルは、女性の手で握りやすい太さに設計されています。培ってきた刃物づくりの技術を最大限に活かしつつ、「見た目も機能のひとつ」として、女性が使いたくなるデザインを追求した包丁なんです。

「ゆり」シリーズの包丁は、三徳、菜切、ペティの3種類。

三徳包丁は、肉も魚も野菜も、なんにでも使えるオールマイティな1本。

野菜を切るのに便利な菜切包丁は、刃がすっと入るからキャベツの千切りも玉ねぎのスライスも最後まできれいに切ることができます。

小回りの利くペティナイフは、果物や薬味を切ったり、小さなまな板でささっと済ませたいときに便利です。

気持ちよく使えて、お気に入りのキッチンツールや器と並んでもしっくりなじむ。
料理をするのが楽しくなる、台所に立つ気分をあげてくれる包丁です。

ステンレス三層鋼の刃で、切れ味長持ち、お手入れ簡単

刃は三層鋼で、両側は錆びにくいステンレス、芯材は切れ味が長持ちするモリブデンバナジウムステンレス鋼を使用しています。刃を可能な限り薄く仕上げているため、食材の抵抗を抑えて小さい力で切ることができます。

手になじむ木のハンドル

女性の手の大きさを考えて設計された、ちょうどいい太さの木のハンドル。水に強い積層強化木を使用しています。刃とハンドルの境目は、水が入らないように口金がほどこされています。

桐箱に入って届くから、贈りものにもおすすめ

美しい桐箱入り。新生活を始める人への贈りものにもおすすめです。

志津刃物製作所
鎌倉時代から日本刀の産地として栄え、刃物のまちとして知られる岐阜県関市で昭和55年に創業。家庭用の刃物を中心に、製造工程ひとつひとつを大切にして、使うほどに愛着がわく、長くつかえる道具をつくっています。

刃の研ぎ

研磨

木のハンドルを加工

社長がすべての包丁の切れ味を検査しています