フルーツ・ジャーナル vol.5(前編) 2021AW by fruits of life

Fruits of lifeの服作りは、いつも生地との出合いから始まるから、
素材のバリエーションが増える秋冬は、とりわけ期待が高まるシーズン。
オールブラックのオケージョンシリーズ、
人気の水玉の新アイテムの着こなし、
ニットベストのくらすこと特注カラーにも注目して。

〜 Contents 1 〜
くらすこと特注カラー、ニットベスト。
大橋さんならこう着る!

愛用中!
くらすことスタッフに聞きました。

人生で初めてベストを購入。ベストはどこかおじさんぽいイメージがあったのですが(笑)、ボトルネックとやわらかなシルエットが、他では見たことのないデザインで気に入っています。

首回りがゆったりしているので、寒い日は薄手のタートルネックの上に重ねたり。

肩をすっぽり包んでくれて、暖かい空気をまとっているような着心地。袖がない分、洗い物をするときもノンストレス。

このベストを着てお店に立った日は 「そのベスト、ステキねっ」 と褒めてもらえるんです。着るだけで気持ちが高まるから毎日でも着たくなってしまいます。

style
01

くらすことが特別にお願いした別注「モカ」は、やさしい雰囲気になる色。

合わせるアイテム、カラーを変えるだけで、マニッシュにもフェミニンにも。

ポイント

肩に沿って落ちる自然なシルエット。羽織っても、肩や袖まわりがゴロゴロしません。

モカとホワイトで、冬のさわやかコーディネート

—— 去年、売り切れ続出で、何度も増産したニットベスト、今年はくらすこと限定の新色「モカ」が登場しました。

大橋さん これ、やさしくなる、雰囲気がね。黒やネイビーも合わせやすいけれど、ホワイト系だとさわやかな感じになります。

—— ボリュームのあるパンツとの相性もいい。

大橋さん ワイドパンツなど、お手持ちのパンツと合わせてみてくださいね。

style
02

水玉ワンピースの上にネイビーのニットベストを重ねると、水玉のボリュームをちょっと抑える役割も。
ワンピースのシルエットも変わります。

きれいな襟を作るコツは、一度、襟元を引っ張って下に下げる。ネックの形が整います。

ポイント

「ウエストより下へ伸ばして着るのはNG」
胴が長く見えてしまう!

ワンピースとニットベストは相性良し

大橋さん ワンピースの上にニットを着ると、甘さが抑えられて着やすくなる。あまり着なくなってしまったワンピースと合わせてみると、新鮮かも。

—— 袖をロールアップしているのは?

大橋さん 既製サイズより腕が長めの人って実は多いです。腕の長い人が袖口のボタンをきっちりとめていると、どうしても窮屈に見えるし、短めの人はオーバーサイズに見えてしまう。ロールアップすれば元の袖丈がわからなくなるから、どちらのタイプの人にもおすすめ。

—— スタイリスト的な柔軟な考え方。自分で調節すればOKだと。

大橋さん 私もたいてい長すぎるから(笑)、いつもそうしています。

style
03

モカとネイビーの組み合わせは、モカのやわらかさをネイビーが引き締める、大人の組み合わせ。

ポイント

ニットの下に着るトップスとボトムの色を同じにすると、上下がつながっているように見えて、しっくり。

ベストの下に着るものと色の関係

大橋さん 今回のモカ、自分が着るなら、まずネイビーと合わせてみたい。

—— あ、そうなんですね。

大橋さん やさしい雰囲気のモカが、大人っぽくなるというのかな。シャープになる。

—— 白以外の濃い色を合わせるのは、自分では思いつかないかも。

大橋さん 薄い色の方が合わせやすいとは思うけれど。変化をつけるならこういう感じ。黒と合わせるよりやわらかい感じになりますよ。

フルーツ・ジャーナル vol.5 中編へつづく(10月下旬公開予定)