『くらすことの本』刊行記念
“くらすこと” 全国キャラバン vol.1

ポップアップストア+ブックフェア at 恵文社

「わたし自身のものさしをみつける」をテーマに活動する「くらすこと」が創刊した『くらすことの本』。暮らしや食、こども、 お母さん、からだとこころ、家族、子育て、教育、つながり、女性としての生き方などをテーマとし、【今を生きるわたしたちの新しい智慧】を紹介、提案しています。

この度、くらすことがおすすめする本やアイテムを集めて、『くらすことの本』に登場していただいた作り手の方にもご参加いただくイベントを、各地で開催していくことが決まりました!
題して、「”くらすこと”全国キャラバン」。
記念すべき第1回は、京都の書店・恵文社一乗寺店さんにて開催します。

会期中は、『くらすことの本』に登場する方たちの著書と、くらすことが選書した本を集めたブックフェアのほか、くらすことのカフェでも使用しているイイホシユミコさんのオリジナルの器や、自然な香りが人気のFloatのナチュラルコスメなど、くらすことの定番やからだやこころにオススメの人気のアイテムを集めた、くらすことの店も出張オープン。さらに今回のイベントにあわせて、本誌にご登場いただいた中川たまさん、kuboぱんさん、セトキョウコさん、余韵(yoin)さんなどの焼き菓子やベーグル、ジャム、調味料などのおいしいものもご用意いただけることになりました。

生活にプラスすることで、よりすこやかな日々になるような本やアイテム。
2週間限定の盛りだくさんな出張ショップに、ぜひ遊びにいらしてください。

キャラバンの次の行き先も楽しみにしていてくださいね!

[おいしいものでご参加いただくみなさん]
※6月22日より販売開始、数量限定

中川たま:パンケーキミックス、ジャム
料理家。ケータリングユニット「にぎにぎ」を経て独立。日々の暮らしに寄り添い季節のエッセンスを加えた手仕事に日々勤しむ。著書に『デイリーストック 朝、昼、晩 日々の料理の味方』(グラフィック社)、『少ない材料で、簡単に作れる、たまさんちのおおらかなおやつ』(家の光協会)等。
 
kuboぱん(久保輝美):ベーグル
さいたま市浦和で小さな店舗を開いています。パン教室からスタートし、現在はベーグルとシュトレン等を販売。料理家さんのワークショップや作家の作品展示など、活動が広がっています。もっと楽しい場づくりをしたいです。
 
セトキョウコ:焼き菓子、ジャム、調味料
料理家。自然に恵まれた八ヶ岳南麗の野菜や果物を使って、ケータリング、雑誌・書籍へのレシピの提供などの仕事をしています。ストックフードのブランド【菜と果】では、季節の果物や野菜を使ったストックフードや菓子を作って、各地の店舗にお送りしています。
 
余韵(姜優子):焼き菓子
植物性素材、季節の野草を使ったお菓子を、余韵(yoin)という名前で焼菓子を中心に作っています。子どもの進学に合わせ、現在は東京と佐賀を行き来する生活をしています。
 
かるべけいこ:焼き菓子
熊本・阿蘇で自然農法を実践する夫とともに自給自足に取り組みながら、料理教室や自然食品を用いた加工品の販売を行う。カカオクッキー、ローズマリークッキー、紅茶クッキー、ハニークッキーなど、一口ほおばれば素材の味わいが広がるおやつをお届けします。

日時 2019年6月22日(土)〜7月5日(金)
10:00〜21:00
場所

恵文社一乗寺店生活館ミニギャラリー
京都市左京区一乗寺払殿町10

恵文社WEBサイトのイベントページへ