私の好きな、服のこと、くらしのこと第14回 雨の日のおしゃれしとしと雨降りが続く季節。「雨の日はちょっと憂鬱になりがち」というのは、Kazumiさんも同じだそう。だから「カラフルな服を着たり、小物も明るい色で揃えたり」、ファッションで気分を変えてみるのだとか。梅雨をちょっとだけ楽しく乗り切るヒントがみつかるかもしれません。
2日前
new
横尾香央留 糸のゆくえ横尾香央留 糸のゆくえ connecting knots 第7回 日本からフィンランドへ。何度も海を行ったり来たりして、少しずつ編み地が足されていく横尾香央留さんのニットの交換日記。次なるアイデアを求め、天然染料で染め物をする宝島染工の大籠(おおごもり)千春さんを九州に訪ねます。
2017/6/12
オンラインストア特集『FLW』デザイナー大橋利枝子さんに聞く、オフィスにもフォーマルにも。頼りになる夏のリネン。 女性にとって万能のクールアイテム、リネン。そんな夏のリネンの着こなしをFLWのデザイナー大橋さんに伺いました。オフィシャルでもプライベートでも、涼しい顔でおしゃれに夏を乗りこえるコツとは……?
2017/6/12
こころとからだ向上委員会第三回 後篇 ラーマーヤナカードとヒマラヤ精油の神秘佐藤まど香さんの導きにより、インド占星術の世界に足を踏み入れてお年頃のお二人。ホロスコープ&タロットカードのリーディングから、マッサージへとこころとからだの両方にアプローチしていくのがセッションの特徴。私たちが選んだのは、ヒマラヤ精油のヘッドマッサージ。さて、どんな体験が待っているのでしょう。
2017/6/7
私の好きな、服のこと、くらしのこと第13回 Kazumiさんと行く、初夏のお散歩  〜注目の東東京、蔵前へKazumiさんが今注目しているおでかけスポット、蔵前。ちょっとなつかしいような、普段着の東京を感じることのできる場所なのだとか。そんな蔵前から、こだわりの文房具店、お気に入りのセレクトショップ、話題のチョコレートショップ…。のんびり回れるお散歩コースをご紹介していただきました。
2017/5/29
オンラインストア特集中川たま『旬弁当』展 新しい著書『春夏秋冬、ぎゅっと詰めて 旬弁当』の発売を記念したイベントがくらすことギャラリーにて2017年2月10日から16日にわたって開催されました。今回、イベントに足を運べなかったお客さまのために、たまさんが特別にAtelier Limのジャムや保存食、お気に入りのアイテムをご準備してくださいました。この特集のだけのご紹介になります。是非ご覧ください。
2017/5/25
オンラインストア特集安齋 新+厚子 個展 くらすことギャラリー初となる器の作品展が開かれました。お招きしたのは石川県加賀市にて作陶される安齋 新+厚子さんの器です。実際にお料理と組み合わさった器の様々な表情や、展示会の様子をご紹介するとともに、一部アイテムがオンラインストアに登場。今回新たにお目見えするシリーズもございます。加賀の季節の移ろいとともに生み出される、軽やかで自由な器をこの機会にぜひご覧ください。
2017/5/25
こころとからだ向上委員会第三回 前篇 「魂の目的」と今生の課題を探るインド占星術にますます興味深々のお年頃女子2人は、アーユルヴェーダとインド占星術、タロットを融合させたセッションを行っているセラピストのもとへ。「魂の目的」と今生の課題をインド占星術より探ります。
2017/5/22
横尾香央留 糸のゆくえ横尾香央留 糸のゆくえ connecting knots 第6回 フィンランドと日本を行ったり来たりしながら、少しずつ編み地が足されていくニットの交換日記。横尾さんは木工作家の山口和宏さんのアトリエを訪ね、お話をした一日から浮かんだ光景をニットに綴っていきました。
2017/5/9
こころとからだ向上委員会第二回 後篇 ジュエリー処方で「なりたい自分」になる前回「宝石処方」について学んだお年頃女子二人。実際に今身につけるべきジュエリーとは……?引き続きジュエリーデザイナーの春名さんに教えていただきました。
2017/4/28
こころとからだ向上委員会第二回 前篇 人生の試練・土星期を乗り切る「宝石処方」お年頃女子二人の次なるテーマはインド占星術! 人生の試練・土星期を乗り切るべく、インド占星術のセッションをもとにジュエリーを処方する「宝石処方」を受けました。
2017/4/17
私の好きな、服のこと、くらしのこと第12回 Kazumiのこの春買ったお気に入りいろいろなブランドの展示会で春のコレクションに出会っていたKazumiさん。今回はKazumiさんがこの春買ったニューアイテムをいち早くご紹介!小さな春のファッションショーの始まりです。
2017/4/14
私の好きな、服のこと、くらしのこと第11回 Kazumi流おやつ時間〜和のお菓子と器のスタイリング撮影で日本中を訪れるKazumiさん。その時々でその土地のおいしいものや、思い出になる器を見つけているのだとか。今回はそんなおやつと器の組み合わせを、Kazumiさんのスタイリングでご紹介します。
2017/3/22
こころとからだ向上委員会第一回 後篇 オーラソーマ®で選ぶ4本のボトルが意味するものポマンダーとの出会いから、オーラソーマ®のコンサルテーションを受けることにしたお年頃女子2人。自分たちが選んだカラーボトルの意味するものとは…?
2017/3/16
オンラインストア特集『FLW』デザイナー大橋利枝子さんに聞く春のリネン、ブルーを中心に新しいカラーコーディネート FLWの春の新作では、ブルーを中心に5つの新色が登場。今回の大橋さんへのインタビューでは、そんな春の新色を取り入れて、大切なワードローブを生き生きと着こなすヒントを伺いました。
2017/3/14
特集シュタイナーのお手当て その3 〜植物オイルのお手当て 最後のシュタイナー医学のお手当てを学ぶ教室のテーマは「植物オイルのお手当て」。植物オイルを使った手足のタッチケアをパートナー同志で実践。体の深いところからふわーっとリラックスしていく感覚を味わいました。
2017/3/14
私の好きな、服のこと、くらしのこと第10回 Kazumiさんとみつける春の定番アイテム。そろそろ春のおしゃれの準備を始めておきたい頃。今回はKazumiさんにお願いして、くらすことの定番からこの春の気分にぴったりのアイテムをピックアップしていただきました。
2017/3/8
横尾香央留 糸のゆくえ横尾香央留 糸のゆくえ connecting knots 第5回 フィンランドと日本を行き来し、むくむくと成長していきたニット。次の編み地のアイデアを考えるべく、横尾さんが次に訪ねたのは、福岡県うきは市、木工作家の山口和宏さんの工房でした。
2017/3/8
特集シュタイナーのお手当て その2 〜レモンのお手当て シュタイナー医学のお手当を学ぶ教室、第二回は 「レモンのお手当」。のどの痛み、発熱にはレモンの湿布が大活躍!実践編ではスーッとして気持ちの良い「レモンの足湯」をご紹介します。
2017/3/6
特集シュタイナーのお手当て その1 〜カモミールのお手当て 子どもたちの体の不調にどう向きあったらいいの?そんなお母さんたちの思いをうけて開催された、シュタイナー医学のお手当を学ぶ教室。 カモミールを取り入れたケアを学ぶ、第一回目の教室のレポートです。
2017/2/27
私の好きな、服のこと、くらしのこと第9回 Kazumiの節分&バレンタイン2017小さな頃から年中行事を大切にして育ってきたkazumiさん。2月のイベント、節分とバレンタインは一体どのように過ごされたのでしょう?Kazumiさんご自身のレポートでお届けです。
2017/2/21
横尾香央留 糸のゆくえ横尾香央留 糸のゆくえ connecting knots 第4回 フィンランドの小さな町カルストゥラで出会った元マリメッコのチーフデザイナーノーラから届いた小包。そこにはニットと続きを編んでという手紙が入っていました。その後、ニットはフィンランドと日本を行ったり来たりしながら、その場の空気と物語を一緒に編み込んで、少しずつ、ゆっくり大きくなっていきます。
2017/2/13
私の好きな、服のこと、くらしのこと第8回 木枯らしも楽しくなる、冬のさし色レッスン。ついついダークトーンにおさまりがちな冬のコーディネート…そんなコーデに新しいきっかけをくれるのが、明るい色の“差し色”なのだとか。今回はそんな“差し色”コーデをKazumi先生にお教えいただきます!
2017/2/8
こころとからだ向上委員会第一回 前篇 旅の始まりは、「ポマンダー」の出会い「人生そろそろ、折り返し地点」を迎える編集者の井尾淳子さんとフォトグラファー大段まちこさんが、スピリチュアルも開運も、ボディワークも瞑想も、「自分をよくすることは全部やる!」と心に決めはじまった「こころと体をめぐる旅」。お年頃女子の新連載はじまります!
2017/2/8
私の好きな、服のこと、くらしのこと第7回 Kazumiさんのおうちごはん 〜常備菜があれば朝と夜は手作りのごはんで体調管理をしているKazumiさん。2週間に一度の常備菜作りをルーチンにしているのだとか。今回はこれまでに作ったKazumiさんの秋と冬の常備菜を、ちょこっとレシピと共にご紹介します。
2017/1/31
私の好きな、服のこと、くらしのこと第6回 毛布にくるまって、したいこと。あたたかい毛布に包まってすきなことをする、冬の幸せ。kazumiさんに聞いてみました。毛布にくるまってしたいことって、なんですか?
2016/12/28
私の好きな、服のこと、くらしのこと第5回 肌と心をやわらかに、冬のスキンケアお肌に関して、顔だけでなく全身のケアを毎日欠かさないというKazumiさん。Instagramでも時折アップされるKazumi流ナチュラルなスキンケアやコスメ用品を今回あらためてご紹介いただきました。
2016/12/14
横尾香央留 糸のゆくえ横尾香央留 糸のゆくえ connecting knots 第3回 フィンランドのノーラから届いたニット。訪れたSatoko Sai + Tomoko Kuraharaさんのアトリエで浮かんだアイデアが、ニットの続きに編み込まれていきました。
2016/12/5
私の好きな、服のこと、くらしのこと第4回 ニットとニット帽「大好きなニット帽の季節だと思うと嬉しい」とKazumiさん。Kazumiさんのお気に入りアイテムを中心に、この季節だけのニットとニット帽の組み合わせを考えてもらいました!
2016/11/23
オンラインストア特集『FLW』デザイナー大橋利枝子さんに聞く冬のリネン、コーディネートのアイデアと着こなしのコツ 「ニットの感覚で着てもらたい」という冬のリネンとしてFLWが提案するリネンウール。冬の新しい定番としてワードローブの一員に加えてみませんか?
2016/11/20
私の好きな、服のこと、くらしのこと第3回 撮影、おいしいもの、カブキ……小さな幸せいっぱい〜KazumiさんのインスタグラムよりKazumiさんのことをもっと知りたい!という声にお応えして、大人気のインスタグラムからピックアップ!撮影であちこち飛び回りながら、甘いもので癒されて、休日にはぶらりと神社や美術館へ。自然体のkazumiさんをご紹介します。
2016/11/9
横尾香央留 糸のゆくえ横尾香央留 糸のゆくえ connecting knots 第2回 フィンランドで出会った元マリメッコのノーラとはじまった、交換日記ならぬ交換ニット。この編み地の続きのヒントを探るべく、気になるものづくりをする人に会いに行くことに。向かったのは、Satoko Sai + Tomoko Kuraharaさんのアトリエでした。
2016/11/4
私の好きな、服のこと、くらしのこと第2回 色を揃える〜2色使いのコーディネート編Kazumiさんの連載『私の好きな、服のこと、くらしのこと』。第2回は「色を揃える」をテーマに、スクールガール風のkazumi流コーデの法則を提案してもらいました!
2016/10/27
私の好きな、服のこと、くらしのこと第1回 夏から秋へ ボーダーTシャツの着こなし編くらすことオンラインストアにも毎回登場いただいている、kazumiさんのお洋服の着こなしと暮らしのお話。第1回は「夏から秋へ ボーダーTシャツの着こなし編」です。
2016/10/5
横尾香央留 糸のゆくえ横尾香央留 糸のゆくえ connecting knots 第1回 フィンランドの小さな町カルストゥラで出会った元マリメッコのチーフデザイナーノーラから届いた小包。『せっかくここで出会ったんだから一緒になにか作らない?』そこからはじまった、共通言語を持たないふたりの交換日記ならぬ交換ニットの物語。
2016/10/3
オンラインストア特集『FLW』デザイナー大橋利枝子さんに聞く秋のリネン、コーディネートのアイデアと着こなしのコツ 『FLW』デザイナー 大橋利枝子さんに聞く、秋のリネン、コーディネートのアイデアと着こなしのコツ。袖をまくる、ロールアップするなど、大橋さんのアドバイスが加わると、たちまちそのひとにしっくりと馴染んだ着こなしになる魔法を、展示会で毎回見てきました。そんな魔法を再現すべく、大橋利枝子さんに2016FLW秋の新作をご紹介いただきます。
2016/10/1
オンラインストア特集ワランワヤン展 『モノトーン』 福岡“くらすこと”のはじめての企画展として7月に開催した、ワランワヤン展『モノトーン』。展示の様子をまじえ、一部アイテムがオンラインストアに登場です。
2016/9/2
オンラインストア特集“くらすこと”の自然療法 ① フラワーエッセンス 子育て中のお母さんや仕事で忙しい女性にこそオススメしたい!こころと感情にやさしく働きかける“くらすこと”の自然療法① フラワーエッセンス
2016/8/24
特集内田真美さん/「子ども天国」台湾が教えてくれたこと、お母さんへのやさしさを取り戻すために、日本で今すぐできること③ 旅友達との間で「台湾伝説」と呼ぶ、台湾の人たちの子どもとお母さんへのやさしさエピソード。ここ日本でも、「伝説」が生まれる可能性はあるのでしょうか。私たちができることは何でしょうか。
2016/7/31
特集内田真美さん/「子ども天国」台湾が教えてくれたこと、お母さんへのやさしさを取り戻すために、日本で今すぐできること② ご自身が娘さんと幾度も訪ねた経験をもとに「私的台湾食記帖」を上梓した料理家・内田真美さんに伺う、台湾への子連れ旅と、日本の親子を取り巻く環境に対して、今すぐにできることについてのお話。第二回は旅の組み立て方と台湾の食事情について。
2016/7/19
特集内田真美さん/「子ども天国」台湾が教えてくれたこと、お母さんへのやさしさを取り戻すために、日本で今すぐできること① 子連れは移動さえ大変だけれど、それでも台湾への子連れ旅行をオススメする理由がある。ひと昔前の日本もそうであった、子どもは世の宝、かわいがるべき存在としていまもある台湾の街。そんなやさしさ溢れる社会とは?
2016/7/15
特集第2回 ワランワヤン モロッコ 石田雅美さん モロッコとインドネシア——遠く離れたふたつの国でつくられるワランワヤンの生活雑貨。7月23日から、福岡ではじめてのくらすことの企画展ワランワヤン展に先駆け、お二人にお話を伺いました。
2016/7/8
特集第1回 ワランワヤン インドネシア 土屋由里さん モロッコとインドネシア——遠く離れたふたつの国でつくられるワランワヤンの生活雑貨。7月23日から、福岡ではじめてのくらすことの企画展ワランワヤン展に先駆け、お二人にお話を伺いました。
2016/6/29
今のわたしができるまで今のわたしができるまで 第二部 くらしのひと匙 Tシャツで作るコースターと鍋敷き 今のわたしができるまでに登場いただいた方の得意分野から、毎日を軽やかにしてくれるちょっとした工夫やアイデアをご紹介します
2016/6/15
今のわたしができるまでユーゴさん 後編「わたしの好きな言葉はピリオド。はじまって終わってまたはじまる…」 ブランドのハートを守ろうと奮闘するユーゴさんに訪れた試練。「わたしの好きな言葉はピリオド。はじまって終わってまたはじまる…」 
2016/6/3
今のわたしができるまでユーゴさん 中編「小さくたって、私なりの世界を創っていく」 「どこも雇ってくれないなら起業しかない」と始めたブランドから、「次世代へ繋がるモノづくり」を理念としたブランドtouta.誕生へ。
2016/5/29
今のわたしができるまでユーゴさん 前編「手を動かし続けて、世界を変える」 今のわたしができるまで 第二回「ユーゴさん(touta.)」。輝く仕事をしている人も、少しずつ道を歩いて、今いる場所に立ったはず。布ナプキンをはじめとする創作活動を行う、ユーゴさんにお話をうかがいました。
2016/5/22
特集ふたごの作家Zwillingeの紙仕事/後半「紙を染めること、紙を使って作品をつくることが、私たちにとっての表現であり、原点」 ツヴィリンゲさんを魅了する紙染めと創作活動。幼い頃の「好き」がそのまま今の仕事につながっています。
2015/12/18
特集ふたごの作家Zwillingeの紙仕事/前半「フレーベルの星に、ささやかな祈りの気持ちを込めて」 ふたごの姉妹が生み出す美しい紙の星。「いいことがありますように」と紡がれる、手仕事の場を訪ねました。
2015/12/14
今のわたしができるまでなかしましほさん 後半「いつでもやめられるから、いつまでも続けている」 今年4月に新しくなったfoodmoodの店。変わらない味を大切に、変化をし続ける、なかしまさんの力強さの秘密を聞きました。
2015/10/28
今のわたしができるまでなかしましほさん 前半「歳をとってもきっと、お菓子のことをやっていると思う」 輝く仕事をしている人も、少しずつ道を歩いて、今いる場所に立ったはず。そんなお話を聞きたくて、第1回は、なかしましほさんの原点をうかがいました。
2015/10/21
季節のレクチュール季節のレクチュール#4・秋 その3 空気が澄み、月の美しい秋の夜は、心をきれいにしてから休みましょう。季節のレクチュール最終回は、「夜の瞑想」についてお話します。
2015/10/12
季節のレクチュール季節のレクチュール#4・秋 その2 夕暮れは夜の始まり。灯りの質に気を配ることで、うっとりするような心地よい時間が生まれます。心がほぐれる灯りについて、レクチュール。
2015/10/6
季節のレクチュール季節のレクチュール#4・秋 その1 一年に渡ってお贈りしてきたセラピスト小川純一さんの季節のレクチュール。締めくくりは、秋。夏の疲れと、秋のもの哀しさを癒してくれるハーブティのご紹介から始まります。
2015/9/28
特集arai hair JUNYAさんに習う「大人の女性のためのデイリー・ヘアケア」 年々増えてくる髪の悩み。「髪質だから」と諦めないで!パリで長くヘアアーティストとして活躍したJUNYAさんに、今日から実践できるケアを教わります。
2015/9/20
アーユルヴェーダアーユルヴェーダが教えてくれる新しい親子関係(7) 〜わたしと子どものドーシャを調和する 最終回は、親子関係の「調和」の方法。 自分も子どもも押さえつけるのでなく違いを認めることで新しい視点が生まれます。
2015/9/1
アーユルヴェーダアーユルヴェーダが教えてくれる新しい親子関係(6) 〜わたしと子どもの関係をドーシャから紐解く さあ、いよいよ親子の関係をドーシャ理論をもとに読み解いていきます。わが子の行動を「わからないな」と思ったことがある人必読。
2015/8/30
アーユルヴェーダアーユルヴェーダが教えてくれる新しい親子関係(5) 〜子どものドーシャを調和する 「ありのまま」といっても、癇癪や大泣きなど、ときに心配になるのが親心。「いつもより調子が悪そう」と思ったらこんなふうに考えてみて下さい。
2015/8/22
アーユルヴェーダアーユルヴェーダが教えてくれる新しい親子関係(4) 〜子どものドーシャを知る 「わたし」を知ったら、次は「子ども」のことを。 生まれ持った体質や個性について、アーユルヴェーダの視点で見つめ直してみましょう。
2015/8/21
アーユルヴェーダアーユルヴェーダが教えてくれる新しい親子関係(3) 〜子どもだったころの私を知る 子どものとき、苦手だったものは何ですか?幼いころを振り返ることで、本来の自分の姿、子どもへの眼差しが変わります。
2015/8/16
アーユルヴェーダアーユルヴェーダが教えてくれる新しい親子関係(2) 〜現在のわたしのドーシャを知る 「わたしってどんなママ?」そんな問いが、日常のあり方や子どもとの関係を見直すヒントに。
2015/8/15
アーユルヴェーダアーユルヴェーダが教えてくれる新しい親子関係(1) 〜わたしを知る 親子関係も、人間関係のひとつ。インド古代の智慧アーユルヴェーダの視点からゆたかな親子関係を見つけていきましょう。
2015/8/14
季節のレクチュール季節のレクチュール#3・夏 その3 最終回は、深い森の中へ。夏に命を茂らせる植物に力をもらい、レモングラスのハーブティで体を潤しましょう。
2015/8/6
季節のレクチュール季節のレクチュール#3・夏 その2 夏のレクチュールその2は、小川純一さんによる鎌倉店案内。心も体も元気になる町の”パワースポット”をご紹介します。
2015/7/30
季節のレクチュール季節のレクチュール#3・夏 その1 セラピスト小川純一さんによる、季節のレクチュール。今年もまた暑い夏がめぐってきました。体に負担が多い夏。今回は、上手な大人の夏休みの過ごし方を提案します。
2015/7/21
見えないものを語るインタビュー友永淳子さん/友永ヨーガ学院院長 その3 人生、なぜこんな大変なことが起こるのと思わされることだらけ。でも全部いつの日かの「良きことのため」。
2015/7/10
見えないものを語るインタビュー友永淳子さん/友永ヨーガ学院院長 その2 これまでに3度体験した不思議なできごと。祈りってすごいことだな、と思いました。
2015/7/9
見えないものを語るインタビュー友永淳子さん/友永ヨーガ学院院長 その1 昔は、目に見えないものは四季折々の日常生活のなかに、ひとつの約束事みたいにあったんです。
2015/7/8
特集くしまけんじのしあわせ巡るごはんのつくり方 vol.3 「丁寧に料理する」ってどんなこと? くしまさんのレッスン最終回は、素材のいちばんのおいしさをき出すために、五感をフル回転させた料理法を教わります。「ちぎるサラダ」のレシピ付き。
2015/6/28
特集くしまけんじのしあわせ巡るごはんのつくり方 vol.2 「自分の感覚で料理をするのは楽しい」とくしまさんは言います。分量の決めから、野菜の切り方、火のかけ方、味見、盛りつけまで。スープ作りを通して、普段使わない感覚を育てるレッスン、初歩編です。
2015/6/22
特集くしまけんじのしあわせ巡るごはんのつくり方 vol.1 「僕の料理の原点は『お母さんの味』かもしれない」。心にも体にも優しい料理が人気の「食堂くしま」。店主のくしまさんに、料理を楽しくするヒントを教わりました。
2015/6/13
little kitchen stories台所を使うひと セトキョウコさん 台所は人なり。リビングならぬ台所におじゃまして、工夫のあれこれを伺った発見レポート。さっそく、ひとつめのキッチン・ストーリーがはじまります。
2015/5/16
特集セトキョウコさんに教わる、赤ちゃんのお弁当 その3 料理家のセトキョウコさんに離乳食のお弁当の作り方を教えていただく3回め。最終回は、後期の赤ちゃん向けレシピとセトさんのお話です。
2015/5/4
季節のレクチュール季節のレクチュール#2・春 その3 自分を許し始めたら、次はみんなを許してひとつになるためのレクチュール。季節のひとさらは苺シロップです。
2015/4/27
季節のレクチュール季節のレクチュール#2・春 その2 「許しのレクチュール」第2回は、春の心と体について。自分の心と体を許すための、春の過ごし方を提案します。
2015/4/20
季節のレクチュール季節のレクチュール#2・春 その1 「春という季節は、すべてを一度許すために巡ってくる」。セラピストの小川純一さんが、心と体のためのひとときを提案する連載第2回。季節は春です。
2015/4/13
特集セトキョウコさんに教わる、赤ちゃんのお弁当 その2 料理家のセトキョウコさんに教わる、離乳食のお弁当の作り方。第2回は、7〜8ヶ月の離乳食中期の赤ちゃんのお弁当をお届けします。
2015/4/1
特集セトキョウコさんに教わる、赤ちゃんのお弁当 その1 離乳食の始まりは、赤ちゃんのお弁当の始まり。お出かけの際に、手作りの瓶詰めベビーフードを作っていたという料理家のセトキョウコさんに、作り方とお話を伺いました。
2015/3/11
季節のレクチュール季節のレクチュール#1・冬 その3 「季節の中にあるわたし」をテーマに、セラピストの小川純一さんが3回にわたり、心と体のためのひとときを提案します。3回目は、長い冬の日々を生き生きとすごすためのハーブティと、旬のひとさらのレクチュール。
2015/2/4
季節のレクチュール季節のレクチュール#1・冬 その2 「季節のなかのわたし」をテーマに、セラピストの小川純一さんが3回にわたり、心と体のためのひとときを提案します。2回めは、朝のレクチュール。
2015/1/28
季節のレクチュール季節のレクチュール#1・冬 その1 ふだんの生活の中に自然を感じられるように。スピリチュアルな観点から暮らしを提案するJUNICHI OGAWAさんの季節のレクチュール。
2015/1/16
特集どいちなつさんのくらしぶり ちなつさんの淡路島での新しい暮らし。どんなふうに自分らしい楽しみを、見いだしているのでしょうか。
2014/10/11
特集どいちなつさんの、暮らすことに一生懸命な島での日々 料理家のどいちなつさんが東京から故郷の淡路島に移り住んで2年。「私にとっては今ここでの暮らしの方がほんとうだなって思います」。
2014/10/3
「気」と仲よくなる方法第3回 意識の方向松田 恵美子目を閉じて、心の眼をおなかのなかに入れます。そこからおへそを見上げてみてください。
2014/8/11
あのひとの、冷蔵庫第6回 瀬戸口家家族団欒の場であり、仕事の場でもある。公私かかわらず、キッチンは瀬戸口さんの本拠地です。
2014/7/1
イベントレポート鈴木潤さんインタビュー 絵本は与えるものではなく、一緒に楽しむもの。教育の一環だなんて思わなくていいんです。
2014/4/5
あのひとの、冷蔵庫第5回 村上家“持ち込まず、持ち出さず”の自然農の精神を人生そのもので実現しようとする村上さんの暮らし。
2014/3/24
イベントレポート鈴木潤さんのブックトーク「絵本とくらして20年」 なぜ子どもに絵本を読んでほしいかというと、一番の理由は、物語を共有したいからなんです。
2014/3/21
イベントレポート子どもの本専門店メリーゴーランド京都 鈴木潤さんのブックトーク 子どもの本専門店メリーゴーランド京都店の店長・鈴木潤さんによるブックトークとインタビュー。
2014/3/21
イベントレポート「冷えとりとからだの話」レポート その3 家族のため、友人のために元気でいたい。自分の心身のそのために健康でありたい。
2014/3/20
イベントレポート「冷えとりとからだの話」レポート その2 心と身体と魂のバランスがとれているときが、自分のいい状態。それが、健康。
2014/3/20
イベントレポート「冷えとりとからだの話」レポート その1 不調を小出しできれば急に倒れることもない。だから、無理の利かなくなった自分を許してあげる。
2014/3/20
イベントレポート盛況御礼!「冷えとりとからだのこと」展 2014年2月8日〜12日の5日間にわたって開催した企画展のレポートと商品販売のご案内。
2014/3/20
特集どんぐり倶楽部・糸山泰造さんインタビュー その3 だって、100%思考力がつくんですから。ロイヤリティゼロなのは、学校で使われてほしいからです。
2014/3/9
特集どんぐり倶楽部・糸山泰造さんインタビュー その2 絵で説明すると子どもはわかるんです。頭は言葉では考えていない。絵を扱っているからなんです。
2014/3/9
特集どんぐり倶楽部・糸山泰造さんインタビュー その1 多いのはシュタイナーとモンテッソーリ系。小学校で転換がわからず、たどり着くのが多いんです。
2014/3/9
あのひとの、冷蔵庫第4回 糸島シェアハウスエネルギー、食べ物、仕事の自給がテーマ。そして食べてばっかりの、仲よしシェアハウス。
2014/2/18
見えないものを語るインタビュー寺田優さん/寺田本家24代目当主 その3 目に見えない世界を含めて自分の意識におくことは、幸せに生きられるかどうかの違いになる?
2014/1/21
見えないものを語るインタビュー寺田優さん/寺田本家24代目当主 その2 頭ではなく、お腹で考える。腸内の微生物に委ねてしまえば、案外うまくいくのかもしれません。
2014/1/21
見えないものを語るインタビュー寺田優さん/寺田本家24代目当主 その1 見えない気をいかに込められるかが、いいものづくりができるかに懸かってきます。
2014/1/21
「気」と仲よくなる方法第2回 「掴む」か、「挟む」か?松田 恵美子コップを、どうやって手で持ち上げますか? 親指の相棒は、どの指にさせますか?
2014/1/21
特集イラストレーター・川原真由美さん その後のインタビュー その3 大事なのは、結果? 経過? これからの仕事でやっていきたいこと、味わいたいこと。
2014/1/13
特集イラストレーター・川原真由美さん その後のインタビュー その2 「線を画く」ワークショップの感想で、今後の子育てに役立つと言ってくれたお母さんがいました。
2014/1/13
特集イラストレーター・川原真由美さん その後のインタビュー その1 躊躇せずに、もっとバカボンのパパにならないと。初の原画展を終えて、川原さんは決心しました。
2014/1/13
あのひとの、冷蔵庫第3回 堀家お子さんの誕生直前、最後のツーショット(?)の堀家を取材。おふたりによると、堀家の冷蔵庫のウリは3Dマグネット!ということですが…。
2014/1/3
特集〜川原真由美さんインタビュー番外編〜 川原真由美さん×藤田ゆみ(くらすこと)対談 くらすことロゴマーク誕生秘話 くらすことのロゴの生みの親と育ての親が、我が子の成長ぶりについて語りました。
2013/10/19
特集川原真由美さんインタビュー その3 あのときやってみようって思った気持ち自体は嘘じゃないんだから、それを大事にしよう。
2013/10/14
特集川原真由美さんインタビュー その2 本当に苦しいんだけど、すごく楽しい瞬間が必ずある。それは、ほかでは味わったことがない感覚で。
2013/10/14
特集川原真由美さんインタビュー その1 絵が描けない特異体質で、描きたい気持ちもなかった川原さんが、なぜそれを仕事にしたのでしょう。
2013/10/14
あのひとの、冷蔵庫第2回 藤田家文吾さんが一目惚れしたのは奈々子さんのカレーでした。愛のキューピットは食べ物だったのです。
2013/10/1
見えないものを語るインタビュー小川純一さん/カウンセラー、アーティスト その3 地球はつねにバランスをとってくれていて、絶対にまちがった方向には行っていない。
2013/8/5
見えないものを語るインタビュー小川純一さん/カウンセラー、アーティスト その2 「君のこと、身体が汚すぎてチャネリングできない」って言われたのがショックで泣きました。
2013/8/5
見えないものを語るインタビュー小川純一さん/カウンセラー、アーティスト その1 消費社会を否定せず、それをどう融合させて精神だけの世界にもっていくかの、ちょうどいま狭間。
2013/8/5
「気」と仲よくなる方法第1回 木を見て、気を感じてみよう松田 恵美子竹の勢いを借りて「気」を感じてみましょう。上から下へ、下から上へと目線を這わせてみます。
2013/7/22
特集エフスタイルおすすめ 新潟の街歩き エフスタイルのふたりが、地元のおすすめスポットを紹介してくれました。新潟観光のヒントに!
2013/7/18
特集もの、場所、人をつなげ、循環させる エフスタイル 新しい場所で動きだしたばかりの五十嵐恵美さん、星野若菜さんに、お話をうかがってきました。
2013/6/26
あのひとの、冷蔵庫第1回 中川たま さん仕事の料理と、家族のための料理は、つくるぶんには調味料や食材はそんなに変わりません。
2013/6/26